旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログでファンダメンタルズ投資が取り上げられない理由

これからは、超お気楽に、
ファンダメンタルズ投資を実際にやっていこうと思います。

しかし、ブログランキングを見ていても、
デイトレード、スウィングトレード、システムトレード、FXなどの
いわゆる投機は、継続して人気があるようですが、
ファンダメンタルズ投資の人気ブログはほとんど無いようですね。

よし、俺は、投資の王道ファンダメンタルズ投資の人気ブログを目指すゾ。

と力が入っているのですが、
冷静に考えると、ファンダメンタルズを根拠とした長期投資は、
ブログとしては面白みに欠けますよね。

値動きは小さいし、
売買回数も少ないし、
銘柄は地味だし・・・。


「今日も値動きなし。トータルの利益は8%のまま。 頑張れJSP!!」
みたいな書き込みを続けても
誰も読まんわなぁ~。

ということで、少しでも記事を面白くするために、
カテゴリ名にあるとおり、
ピーターリンチ的投資を実践したいと思います。

果たして結果はどうなりますやら・・・。

3名+αの読者のみなさま、
今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。

↓こちらもよろしくお願いします。
banner2.gif
↑なんとかベスト10、復活しました。有難うございます。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ピーターリンチって誰?

ところで、皆さんはピーター・リンチをご存知だろうか?

ピーターリンチ

日本語の本は3冊出ています。
ユーモアたっぷりで、わかりやすい彼の本は、
私にとっても株の教科書です。

アマゾンで、「ピーター・リンチ」と検索すれば、
一発で3冊とも見つけることが出来ます。

少し古い本なので、書店では見つけにくいですね。
大きめの図書館であれば、あるかも知れません。

この方の投資法をこのブログで実践したいと思います。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ピーターリンチの投資スタイル

ピーターリンチの投資スタイルは極めてオーソドックスです。
詳しくはぜひ本を読んでいただきたいのですが、
ここで私なりに解釈しますと、

①財務基盤が強固で、
②成長率が高く(20%~25%)
③成長余力の大きい
銘柄を、
④割安に
買う。

これに尽きます。
そして、このような銘柄は10倍高も狙えるというのです。

しかし、①~③を満たした銘柄は通常④割安に買えない。
というのが一般的な投資家の常識なのですが、
こういうところを探せばあるよ。

と、事細かく、探すポイントを教えてくれているのです。

このブログはこのピーターリンチが教えてくれている銘柄に近い銘柄を探し出し、
実際に投資してみたいと思います。

どうもタイミングとしては、今はかなり良さそうですよ。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif


テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ピーターリンチの好む銘柄

さて、それでは、ピーターリンチはどういう銘柄を好んで買うのでしょうか?

実際はかなり幅広く買われたようですが、
このブログでは、よりピーターリンチらしさを出すために、
昨日の①~④の条件に加えて、

⑤身近な企業。
⑥何をやっているかわかりやすい企業。
⑦最先端ではなく、成熟された産業。

に絞って投資してみたいと思います。

また、ピーターリンチはストーリーを非常に重視します。

そこで、それらの企業のストーリーを必ず明記した上で、
購入したいと思います。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


今の経済状況を考えると

それにしても、こんなタイミングで株式投資のブログを立ち上げる人も珍しいでしょうね。

なにせ、日経平均は半世紀ぶりの連敗記録を更新し、
雑誌もテレビも、「絶望的な大不況が来る。」
ような論調なんですから。

けど、ピーターリンチは、
「ニュースキャスターの深刻な予言に耳を貸してはいけない。」
と、教えてくれますし、

絶好の買いのタイミングは、
「数年に1度、株式市場に起こる暴落や反落」の時
と教えてくれるのです。

ここまで書いても、

お前は馬鹿か?
原油高騰と食料高騰と世界不況が同時進行する今回の不況は、
今まで誰も体験したことの無いものだ。
こんなタイミングで株を買ったら大やけどするゾ!!

などとツッコミが入るかもしれません。

これについても、ピーターリンチは明確ですね。

「経済を予測しようとしても無駄なことだ。」

と、一蹴です。

確かに、明日から原油や食料が急に暴落を始めたとしても
誰も驚きませんよね。

投資の世界では
「いつまでも今の状況が続く」
ことを前提におかしな議論がよく交わされますが、
今回もそれです。

資源高と不況は同時には成立しません。

たまたま、一部の投機資金がゆがんだゲームをしているに過ぎないのです。
こんなことが続くはずはありません。

ピーターリンチを信じて、頑張りますよ!!

さぁて、何から買おうかな・・・。

↓なんだか最近好調です。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


不況ってどのくらい続くのでしょう?

ピーターリンチは
「ピーターリンチの株の教科書」の中で、
不況は平均11ヶ月続くと教えてくれます。

「ビジネスは悪いところからどん底に落ちる」とも仰ってます。

まだ、「不況」と国が認識し始めたばかりですから、
もう少し景気後退が続くのかもしれません。

では、このようなタイミングではどういう銘柄に投資すればよいのでしょうか?

これにもピーターリンチは明確な答えを用意してくれています。
「清涼飲料、ハンバーガー、薬品など無くてはならないものや、安く手に入るものを売っている会社」
が、無傷で乗り越えられるそうです。

けど、食料品は暴騰しており、コストアップ要因だし、
薬品も特許切れが相次ぎ、事業環境は厳しそうですね・・・。

それでも、よくよく調べるとこの難題をクリアしている企業がいくつかありそうですよ。

さぁ、今週から買うとしましょうか・・・。
なんだかワクワクしてきました。

既に、このブログのために、一つ口座を開設しました。
もう、軍資金の100万円を振り込んでいますよ。

私が株を始めた20年前は、100万円で買える株の中から、
優良企業を探し出すのは大変でした。
けど、今は、10万円で買える株も一杯あります。
100万円で買えない株を探すほうが難しいくらいですね。


では、どのくらいの銘柄数を買うのがいいのでしょうか?

クリストファー・H・ブラウンは、銘柄数が多ければ多いほど良いと言いますし、
ウォーレン・バフェットは、「勝手知ったる者にとって、分散の手法はほとんど意味が無い」
と言います。

実は、私自身はバフェット型の集中投資でここまで頑張ってきましたが、
ピーターリンチは、個人投資家であれば「3~10銘柄程度に投資するのが良い」
と教えてくれます。

と、いうことで、ここでは、ピーターリンチ型小規模分散で行きたいと思います。
(バフェット型では、ただの1銘柄応援ブログになってしまいますもんね。)


私の上司にもこのブログのことをしゃべっていますので、
勤務時間中の売買がバレたら、怒られてしまいます。

今日のうちに、買い注文を出しておきましょう・・・。

↓いつも、クリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


早速買ったよ!何を?

早速買いました。

昨日のうちに寄り付きでの成り行き注文を入れて、
パイロットコーポレーション(7846)を1株買いました。

えっ?ご存じない?パイロット。

ボールペンのパイロット、知ってるでしょ?

「何、考えてるの?
ボールペンなんてとっくに終わってる産業でしょ!!
しかも、原油高でどこも四苦八苦してるのに、
ボールペンなんて原油の塊じゃないか!!
おめえのセンスの悪さにはガッカリした。」
なんてツッコミが入りそうですね。

けど、このパイロット、かなりピーターリンチ的成長企業の条件を備えていますよ。

営業利益は、
05年度:41億→06年度:63億→07年度:77億と
順調に成長しています。

自己資本比率は40%弱と磐石とは言えませんが、
危険なレベルではありません。

では、このパイロット、なんでこんなに儲けだしたのでしょう?

実は世界中で大ヒット!!
消えるボールペン:フリクションボールが収益を押し上げているのです。

寄付き196,000円で買って、今日の終値は199,000円。

手数料がちょこっとかかって、
現在のところ、2712円の儲けが出ています。
貯金1年分の利子と同じ儲けが1日で出ていますね。

短期トレーダーなら、もう明日売ることを考えるかも知れませんが、
このブログはそういう趣旨ではありませんので、
のんびり行きますよ。

と、いうことで、
今週はこのパイロットコーポレーションの解説をしていきたいと思います。

念のためご注意いたしますが、
別にこのブログは推奨銘柄を出したり、
「今が買い時。」
みたいに買いの指示を出すサイトではありません。

あくまで、ピーターリンチ的投資法が成功するかどうかを
私なりに実証するブログです。

投資は自己責任でお願いします。

恨みっこはなしですよ。
ピーターリンチだって4割は失敗しているそうですからね。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


良い株は悪いときに。悪い株は良いときに。

原油高が叫ばれています。
確かにガソリンは一時の倍の値段になりました。

庶民にも物価高騰が実感されるようになりましたね。

原油価格の推移

上のサイトをみても平成10年ごろからいうと、
原油価格は、7倍になっています。

もし、パイロットコーポレーションが原油価格の上昇で収益が損なわれるとしたら、
今年急に悪くなるのではなく、もっと前に悪くなるはずです。

けど、実際はここ数年収益は順調に伸びています。
株価なんて、底値から言うと5倍にまでなってます。

実は、私、この株買い損ねていたんです。
「今度下がったら買ってやろう」と狙っていたといってもいいですね。
やっと押し目らしい押し目が来たので
遅ればせながら買ってみました。

では、なぜ、原油の塊みたいなボールペンを作っているのに、
収益は順調に伸びたのでしょう。

上のサイトにヒントが書いてますね。
1バレル=1樽=159㍑と書いています。

値段が上がった。上がった。
といっても150ドルでしょ。

いったい1樽の原油で何本のボールペンが出来るでしょう???
1樽分のボールペンって凄い量ですよ。

確かに少々はコストもアップしたでしょう。
けど、ほとんど無視できるレベルだったと言えるのです。

「けど、これから大不況が来るかもしれない。
さすがに売上げは減るだろう。」

と、いうご指摘がありそうなので、
その点については、
また、明日一緒に考えて見ましょうか?

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


安いものを売ってる会社が不況を乗り切る理由

不況・不況・不況と世間が騒ぎ始めました。
やはりパイロットのボールペンも世界不況で売れなくなるのでしょうか?

「今までは210円の消えるボールペン使ってたけど、
 小遣いも減ったし、105円の普通のボールペンにしとこ。」
などと言う学生やビジネスマンがどれだけいるでしょうか?

国内・ヨーロッパに続き、全米でフリクションボールが発売になりますが、
サブプライムローン問題が厳しいので、
とてもじゃないが、2ドルの消えるボールペンは売れない!!
などという理屈が通るでしょうか?

ちょっと考えにくいですね。

ところで、従来のボールペンなら105円だったものが、
消えるボールペンにしたら210円になりました。

なんと倍ですよ。倍。

株でも倍になったらとんでもなく儲かるでしょ。
ボールペンだって、値段が倍になったら、
メチャメチャ儲かるはずです。

どう考えても、インキを従来のものから、消えるものに入れ替えただけで、
コストが倍増するとは思えません。

もちろん、フリクションボール以外のボールペンも世界中で売れています。
これも、この程度の不況が原因で、急に売れなくなるとは思えません。

ピーターリンチが「なくてはならないものや安いもの」を売っている企業が
不況に強いと言っている意味はこんなところにあるのでしょう。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


原油や穀物が下がってる

さて、私が予想していたより、少し物事が早く進み始めたかも知れません。

原油や穀物が大きく下がり始めました。
NYの株も昨日は上がりましたね。

これが短期的な調整に終わるか、
大きなトレンドの転換点になるかはわかりませんが、
今日は、寄り付きで少し買ってみようと思います。

さて、いったい何を買うつもり?

それは次回のお楽しみ。

↓クリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


またまた買いましたよ。何を?

さて、昨日の寄り付きで買いました。
ちょっぴり割高になってしまいましたが、
気にしないことにしましょう。

「で、何を買ったんだ?」ですって?

私は、三菱鉛筆(7976)を200株買いました。

「こーらー!!
かぶってるでしょ。かぶってるでしょ。カブッってるでしょ。

ここまで付き合ってやったが、あほらしい。
あんた、ポートフォリオの基本も知らんのか?

同じ業種でポートフォリオを固めたら、
リスクが高まるの!!分散の効果ゼロでしょ!!

もし、文具業界に大きな異変があったら、
パイロットも三菱鉛筆も一緒に下げるでしょ!!」

と、またまたツッコミが入りそうですね。

けど、ピーターリンチを何度読んでも、
どこにも、「同業種の銘柄でポートフォリオを組むのは良くない」
とは、一言も書いていません。

それどころか、今もっている企業の最大のライバルを買い、
成功したという記述があります。

私もそうですね。
まず、フリクションボールが成功しているパイロットに目を付けました。
そして、いろいろと調べるうちに、
ライバルの三菱鉛筆も非常にいい企業だとわかりました。

ヒット商品も連発しています。

で、三菱鉛筆も買う。

ピーターリンチ的でしょ。

それに文具業界にいったいどんな異変やリスクがあるのでしょう?
いままで百年以上も成立している産業で、
パソコンやインターネットの普及も、業績には関係ありませんでした。
三菱鉛筆にいたっては、今世紀に入ってずっと増益基調です。

先週、「今期も11%増益を確保できそう」と一部報道がありました。

また、ピーターリンチは
「どんな馬鹿でも経営できる企業」が完璧な会社といっていますし、
ウォーレンバフェットも、
「愚か者でも経営できるビジネスに投資をしなさい。」
と教えてくれます。

三菱鉛筆・パイロットコーポレーション。

かなりこの条件をクリアしている気がしますが・・・・。

↓今日もよろしくお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


クルトガ

そんな三菱鉛筆の大ヒット商品がこちら

クルトガ

くるくる回って芯がトガるから、クルトガ。

こいつが馬鹿売れです。
文房具屋でも売り切れ店が続出なんですから。

今時、「売り切れ」製品なんて、iPhoneかクルトガぐらいなもんです。
(ちょっと言いすぎか・・・。)

こいつが450円です。

普通のシャーペンが、100円~200円ですから、これも倍以上。
もちろん、3つのギアを取り付けるのに、
コストが倍かかるとは到底思えません。

ネーミングもいいですね。
クルトガ。

なんかゲルググみたいで、かっこよく、
けど意味を考えると馬鹿馬鹿しい。

そういえば、三菱鉛筆のもう一つの大ヒット商品、

ジェットストリーム

もガンダム的かな・・・。

三菱鉛筆のネーミング担当者は、ガンダム世代?!

↓このブログはコアな読者のたゆまぬクリックで上位をキープしています。
↓本日もよろしくお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ピーターリンチもバフェットも

このカテゴリでは、ピーターリンチ的投資法が成功するか?
私なりに、ピーターリンチの本に忠実に投資していこうと考えています。

けれども、もう一人世界一の大金持ちウォーレンバフェットの言葉も
時々引用いていきます。

と、いうのも、ピーターリンチもウォーレンバフェットも
ほとんど言っていることは同じなんですね。

一方は、ユーモアたっぷりに。
一方は、含蓄たっぷりに。

買った銘柄も良く似ています。

身近で、理解しやすい企業を安く買う。

バフェットが買った代表的な銘柄は、
コカコーラ、ディズニー、ワシントンポスト、アメリカンエキスプレスなどですね。

うーん。わかりやすい!!

ピーターリンチは、
ウォルマート、GAP、スバル、その他身近な外食企業などで成功しています。

(で、せんえつながら、私目は、いまのところ
パイロットとUniです。)

こういうブランド名を聞いただけで、その企業の商品やイメージが頭に浮かぶ企業を
これからも狙って行きたいと思います。

今週は一杯買ったんで、今日はお休みです。

あまり急いで買うと、ブログで書くネタがなくなってしまいますもんね。

↓ご面倒ではございますが、クリック1回よろしくお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


今週の結果発表

残念ながら2000円の含み損となりました。

080712.jpg


やはり、三菱鉛筆を慌てて買ったのが、ちょっぴり失敗でしたね。

けど、まぁ、場を見ずに買ってるんですから、こんなもんでしょう。

来週も買っていこうと思います。

↓クリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


念のため注意事項

ここまで書き進めてきて、ちょっと心配になってきました。

私のブログを見て、素人さんが株式投資を始めてしまったばかりに
結局不幸になりはしないかと・・・。

エナフンさんの梨の木の中でも説明しましたが、
無くなっても良いと思える範囲での投資であれば、
仮に全てを失っても、人生まで失うことはありません。

ですから、こういうスタイルで投資に望まれることを希望しますが、
それ以外に、やはり、やっておきたいことがあります。

①簿記の勉強をする。できれば、簿記2級くらいとっておきたいですね。
②財務分析の勉強をする。
③エナフンさんの梨の木を読む(笑)

バフェットは言います。
「市場は右も左もわからぬ者をゆるさない。」(バフェットの教訓:徳間書店)

大原やTACに通えば、
半年もかけずに簿記2級レベルの知識を手に入れることが出来るでしょう。
せいぜい数万円の授業料です。

株でちょいと損したら、
このくらいの金額一撃ですよね・・・。

会計は、言語です。

アメリカ行くのに英語の勉強くらいしますよね。

勉強しなくても、アメリカには行けますが、
楽しさは半減です。

株の基本言語は会計です。

勉強しなくても、株は買えますが、
資産は半減です。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


電子レンジを買うよりも・・・。

yuuyan331さん、アロハさん、コメント有難うございます。

今日は、頂いたコメントに反応いたします。

>会計を知らずに株の世界に足を踏み入れるのは・・・・

ピーターリンチは、
電子レンジを買うよりも、(検討に要する)時間をかけないで、
大金を株に突っ込む人があまりに多いことを指摘しています。

実際、PERやPBR、業績予想とご本人の直感だけを根拠に株を買うのであれば、
10分もあれば、検討は完了してしまいます。

けれども、例えPERやPBRが同水準でも、
借入金の大きさや、本業以外での偶発的な収入の大きさ、
損益分岐点、一般管理費の傾向・・・・・・・等など、
決算書やキャッシュフロー計算書をじっくり読み解くと、
全く異質な企業だということが、誰でも理解できるはずです。

その入り口が簿記なので、
「大金を株に投入する前に、1度は勉強してみたら?」
と、考える次第です。

>実際にはピーター・リンチならEPSの伸びが落ちてきた時点で、
>ほとんどの持ち株を処分してると思います

そうですね。
ピーターリンチの株の教科書第3章「会社の一生」の中にあるように、
どんな成長企業も、いつかは成長しなくなると、教えてくれています。
ファニーメイも、ピーターリンチが投資したタイミングでは、超成長企業だったのでしょう。

>全体の影響で持株が下がるのは、そんなに嫌じゃなくなりました。

持っている株が下がると、憂鬱になるのは当然ですよね。
ヤフー掲示板でも、今回の下落局面では、暗いカキコミが大量に増えました。
(今は、それすら無くなってきましたが・・・・。)
カリスマトレーダーの人気ブログも次々と閉じてしまったようです。
(で、無ければ、私のブログがこんな上位にくるはずが無い!!)

ウォーレンバフェットは
「ビジネスが好調なら、やがて株価もついてくる(バフェットの教訓:徳間書店)」
と、教えてくれます。

全体の影響が、ビジネスそのものにさほど影響していないのであれば、
気にする必要はないと思います。

ファンダメンタルズを根拠に投資をする場合は、少々「鈍感力」が無いとうまくいきませんね。
ピーターリンチも、「刺激が強すぎる」という理由から、
リアルタイムでは場を見ないことにしていたそうです。

ピーターリンチ的投資法の良さは、
前の晩のNYや金融機関の決算、各種統計速報などに
いちいち、ハラハラどきどきしなくて済むところにあるかもしれません。

私も以前は、昼間は、常に場を見ていないと落ち着かず、
夜は夜で、NYやヨーロッパの状況を見ながら、明日の戦略を練る。
本当に生活の大部分を株に使っていました。

けど、今では、
もっと大事なことに人生を費やして、ついでに投資も楽しむ。

このくらいのスタンスが丁度だと考えるようになりました。

↓クリック・拍手・コメント有難うございます。
↓ブログ立ち上げてる人間にとっては大変嬉しいものです。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ついに見つけたぞ! 何を?

今日は、指値で買いましたよ。
えっ、何を?

アークランドサービス(3085)です。

「はぁ?ああくらん・・・?

何じゃそれ?
良く見ると、今日の出来高、8株???

あんた、何にも知らねぇんだなぁ。
俺が教えてやるよ。

そんな流動性の低い銘柄は、大口も、機関も、仕手も相手にしないの。
急に売ろうと思っても売れなくなるでしょ!!

しかも、外食セクターってどうなの?

ガソリン高で、交通量が減って外食店はどこも閑古鳥が鳴いてるし、
食料品高は、直接、収益に影響与えるよ。
四季報見たら、出店コストが嵩むって書いてるし・・・。

俺は見送りだね。」

などと、またまたツッコミが入りそうです。

けど、このアークランドサービスこそ、私が考える限り、
日本株全銘柄中、最強のピーターリンチ型超成長株と
睨んでいます。

えっ?知らない?

とんかつチェーン店の「かつや」ですよ。
カツ丼490円の「かつや」。

地方にはまだ進出してないけど、都市部の方は知ってますよね。

今週はこれを解説します。

外食をポートフォリオに組み込まないと、
ピーターリンチっぽくなりませんから・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


人のうわさで銘柄を選ぶ。

さて、アークランドサービスの説明に入る前に、またまた注意事項です。

と、いうのも、前の2銘柄と違って、
この銘柄は実は私自身が前々から所有している銘柄なのです。

本当は、出来る限り自分の持っていない銘柄でブログ用ポートフォリオを
構成しようと考えていました。

でないと少々不誠実な気がしたからです。

このブログは、現状それほど読者がついているわけではありませんから、
ここで銘柄を紹介したくらいで、株価が上昇したりはしません。

けど、最近では他のブログでもここを紹介してもらえるようになり始めました。
少しずつ読者も増えているようです。

もし、万が一読者が大量に増え、しかも、私が紹介する銘柄を
読者が好んで購入するようになったら、いったい、何が起きるでしょうか?

仕手筋と呼ばれる少々怪しげな投資集団が、よく使う手ですが、
事前に仕込んだ株を、自身の情報網で紹介して人気化したところを
売り抜ける。

という方法が成立してしまうのです。

ですから、仕手筋みたいに見られない為にも、
自分の所有銘柄は紹介しないつもりだったのです。

ところが、どうしてもピーターリンチ型の外食企業が他に見当たらないのです。
いい線行っていても、直近の決算が悪かったり、少々リスクが高かったり・・・。

そこで、やむなくこの銘柄を紹介したのです。

ピーターリンチは、
もっとも程度の低い銘柄選びの方法が、
「ダーツをつかって銘柄を探す」やり方
と教えてくれますが、

その次にレベルが低い銘柄選びの方法が、
「人のうわさで銘柄をえらぶ」やり方
と書かれています。

皆さんはぜひ「自分で調査研究する」最高の方法を取ってください。

あくまでここは参考程度に・・・。

↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


立命館でもクルトガ売り切れ

今日は、仕事で立命館大学くさつキャンパスを訪れた。

いやぁ~すごいね。まるでテーマパークだね。
学生の人気も出るはずだ。

立命館大学びわこくさつキャンパス

ちょっと時間があったので、
キャノピーの受付嬢に聞いてユニオンスクエアの文房具売り場を訪れた。
(キャノピーとかスクエアとか、建物の名前も全部カタカナ。
 大学の建物って、○○講堂とか○○1号館とか文学部棟とか、
 そういうのが普通と思っていた。)

むむっ。やはりここでもクルトガは売り切れだ!!

「フフッ!!勝った。」などと訳のわからん妄想が始まる。

「買え!買え!学生!!
そして三菱鉛筆の株価を押し上げるのじゃ!!」

ピーターリンチ的な銘柄を選ぶと、こういう楽しさがプラスされるのがいいですね。

ちなみに今日は名古屋で宿泊予定。
こちらでも仕事があるので、よく名古屋に来ています。

晩飯はかつやに行くか・・・。
(名古屋の「かつや」は東京と比べて胡椒が効いてておいしい。)

↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


日本人にとってのハンバーガー

アークランドサービス(3085)に話を戻します。

ピーターリンチは、不況時はハンバーガーのようなものを売っている銘柄は
無傷で乗り切ると教えてくれます。

では、マクドナルドを買うか・・。ということになるのかもしれませんが、

日本人にとっては、「カツ丼」こそ、
アメリカ人にとってのハンバーガーに近い食品と考えました。

そこで、このアークランドサービスが登場するわけです。

この会社、3期連続で20%増益を達成しており、
今期もほぼ達成可能な状況になっています。

えっ?四季報にはそうは書いていないって??

ピーターリンチやウォーレンバフェットは、
基本的にアナリストの予想なんて信じません。

自分で考えろ!!

と教えてくれるのです。

私も四季報は信じません。

それが証拠に毎号、言っていることが変わっているでは無いですか?
ご丁寧に、「前号とどう違うか」を矢印表記でわかり易くして・・・。

自分で予想しておいて、前号と予想が変わりましたから、
「いまこそ買いです!!」
みたいな演出をしている資料を信じるのは如何なものでしょう・・・。

もっとも、世間一般の人がその銘柄をどう捕らえているかを、
判断するには非常に参考になりますし、
私は銘柄選びをするときは、
ローテクですが四季報を全ページ流し読みしています。
そこで、当たりをつけて、じっくりと決算書を読み込んでいきます。

やってみるとネットでスクリーニングかけるより、いい銘柄を見つけやすいですね。
「○○がヒット!!」みたいな文字情報から、
「ああっ、あれね!!」
と、ピンと来ることもあるのです・・・。

さて、世界はヘッジファンドの
世界経済を破壊してまで
自分の利益を追求する姿勢に厳しい眼を向け始めましたよ・・・。

そろそろ、5月末から始まった今回の下落局面も最終段階に入ったんじゃないかなぁ・・・。

↓いつもクリックありがとうございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


今週の結果発表

今週の結果発表です。

080718.jpg

ALサービス、ずいぶん安く買えました。
その後、さらに下がったので、現状1000円ほどマイナスですが・・・。

一方、三菱鉛筆は結構上げました。
やっぱりクルトガ人気か!!

まぁ、ただの短期投資ではありませんので、
1週間上げたくらいで、バタバタするつもりは毛頭ございません。

さて、まだ25万も残っていますよ。

次は何を買おっかなぁ~。

↓クリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


話題のウェルズ・ファーゴも

今週はずっと下げ続けたニューヨークダウが一旦跳ね返ってきました。

原油が急落したことや、米国証券監視委の規制、為替介入の可能性などが、
直接の原因ですが、「もう米国の金融は終わっている」と思っていたマーケットに、
一地方銀行であるウェルズ・ファーゴが好決算を出したことで、
「米国の金融でも全てが悪いわけではない。」
と心理的に大きな変化が発生しました。

このウェルズ・ファーゴも、数少ないウォーレン・バフェット銘柄ですから、
バフェットの偉大さに改めて驚かされます。

このように、ピーターリンチやバフェットは、どのような経営環境でも
大崩れしない銘柄を好みます。

気がつくと、いつの間にかその会社の製品を買ってしまっている。
気がつけば、いつの間にかそのお店に入ってしまっている。

そんな企業は景気が悪くなっても、売上げは落ちません。
何せ知らぬ間に買ってしまうんですから・・・・。

せんえつながら、私目の購入銘柄(パイロット、uni、かつや)も
両巨頭には遠く及びませんが、なかなかいい線行ってると思っています。

果たしてどうなることでしょう・・・。

↓クリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


流動性が低くても

アークランドサービスは1日の出来高が極端に少ない銘柄です。
1日数株~数十株の日が多く、
いざ売ろうと考えるとなかなか思った値段で売れないかもしれません。
(このように売買数が小さいことを「流動性が低い」と言います。)

このブログでは3株しか所有していませんから、
それでも何とかなりますが、プロや大口の投資家は、
こういう銘柄を嫌います。

最近は証券会社のほうでレーダー分析をしてくれるところも多いようですが、
ここを分析すると、
財務内容・成長率・割安さではほぼ最高得点。
流動性・トレンドはほぼ最低得点。
という極端な五角形になってしまいます。

このような流動性の低い銘柄に関しても
ピーターリンチは自信たっぷりに「大丈夫」だと
背中を押してくれるのです。

例えば、トヨタや新日鉄は流動性が大きい代表的な銘柄ですが、
では、トヨタや新日鉄なら損はしないのでしょうか?

トヨタだって、新日鉄だって、1年前と比べるとずいぶん下がりました。
もちろん、飛び乗り・飛び降りの短期トレーダーは逃げられたかも知れませんが、
このブログが推奨するような長期トレードでは、
「いかに早く逃げられるか」はあまり重要ではありません。

ピーターリンチやウォーレンバフェットはとんでもない大金を扱っていますから、
すぐ数%(バフェットの場合は数10%)買占めになってしまいます。

我々小額個人投資家が少々流動性が高いと思っている銘柄でも、
彼らにしてみれば、「大差はない」ということになるのでしょう。

そんな事よりも、成長性、財務安全性、割安さの方が圧倒的に重要です。

ウォーレンバフェットにいたっては、投資期間は基本「永久」ですからね。
逃げるときのことなんて考えていません。
買うときにしっかり分析し、買ってからは経営者を信じる。

掲示板なんか見ていると、
買うときはいい加減な分析で、
買ってからその企業の悪口を掲示板に書き込む。
見たいな方も多いようです。

これだけ下がったから、まぁそういう気持ちになるのも無理は無いのですが・・・。

↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


木を見て森を見ず

昨日のアジア・ヨーロッパは全面高でしたが、ニューヨークは少し下がりました。

短期トレーダーの皆さんは悩みどころですね・・・。

戻り相場は終了か?
一旦、Wボトムを形成して再上昇か?
いやいや、戻り相場の一時的な調整か・・・。

けど、ファンダメンタルズ重視ではそういうことはまるで気にしません。
本来の企業価値と実際の価値の乖離に投資しさえすればよいのです。

「バフェット式」投資の原則(監修:三原淳雄 イーストプレス)
によると、
「木を見て森を見ず」な投資が良いそうです。

全体相場がどうであれ、それが実際の企業の業績に無関係であれば、
気にせずGO!!ということになるのです。

もちろん、今週も買う予定です。

やはりピーターリンチ的なポートフォリオに欠かせない小売から
1銘柄欲しいところですね。

皆さんなら何を買います??

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


「何を?」って?私はこれを買いました。

私は、コメ兵(2780)を買いました。

えっ?コメ兵を知らない???

名古屋の人はみんな知ってますよね。
日本最大の中古品デパート。

コメ兵←詳しくはクリック

もともと名古屋に地盤を置いた極めて堅実な企業なのですが、
数年前、ついに東京・大阪に進出を決め、今後全国展開を図ります。

業態が業態だけに東京進出にはずいぶんコストが嵩み、
それを嫌気して、株価は低迷を続けましたが、
最近、東京エリアでも着実に、業績を上げ始めました。

ピーターリンチは、小売店の成功パターンは
1都市で成功したビジネスモデルは、他の都市でも成功することから、
どんどん規模が拡大すると教えてくれます。

リサイクルショップとは思えないまるでデパートな
雰囲気の良い店舗は他に例がありません。

また、この業種、もっとも重要なノウハウは「目利き」力です。
ここほどの目利きノウハウをもったライバルが俄かに登場するとも思えません。

資源高や不況にも、この手の業種は強いですね。
デフレ不況期も名古屋のコメ兵には人が溢れ返っていました。

これもいい銘柄を安く買えました。

↓クリックよろしくお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


素人は5銘柄まで

今日もコメ兵株を寄付きで100株買い足しました。

まだ、9万ほど残っていますが、これも明日・明後日中に
コメ兵株に変えようと考えています。

これで、とりあえず銘柄はほぼ出揃いました。

当初、10銘柄近い保有を考えていましたが、
それは、「ピーターリンチの株で勝つ」の中に、
10倍高を目指すなら、銘柄数をある程度所有したほうが良い云々・・。
な説明があったからです。

ところが、別の本、
「ピーターリンチの株式投資の法則」の「20の黄金率」に
職業としないかぎりは、5銘柄を超えて保有してはならない。

とあります。

私は、本業が証券関係者ではないので、
「20の黄金率」の方に従わなければならないでしょう。

そこで、パイロット、uni、かつや、コメ兵の4銘柄で、
様子を見たいと思います。

確かにピーターリンチの言うとおり、4~5銘柄までですよ。
一般人が、管理しきれるのは・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
↓上位陣に変動があり、ついにベスト5に入っています。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


ITやハイテクも・・・

一昨日は、3時間近く悪戦苦闘しながら、
ようやく推奨本をアップすることが出来ました。

ただ、私自身もピーターリンチ、バフェット同様、
この手のITに弱いんです。

なかなかアップ出来ないので、適当なレビューを書いて、
ああでもない、こうでもないと、いろいろやってたら、
急にアップできてしまいました。

その為、私のレビューは極めていい加減なものになっています。

こんなことならちゃんと書いとけば良かった・・・。

まぁ、このカテゴリで散々この4冊を取り上げますので、
この4冊がいかにすばらしい本なのかは、ご理解できるようにしていきますが・・・。

ところで、ピーターリンチやバフェットが
「理解できない」という理由で買わなかったIT関連ですが、
「買ってはいけない」という話ではありません。

もし、ITも十二分に理解できる方であれば、
ITを外す必要はないのです。

バフェットやピーターリンチが提唱するファンダメンタルズ投資をハイテクに応用し成功している
ビル・ミラーというファンドマネージャーがいます。

グーグル、ヤフー、アマゾンに投資し、しかも高値で売り抜けて、
大きな成果を上げた方です。

ですから、このブログでは私自身が「理解できないと」いう理由から、ITは取り上げませんが、
ITはファンダメンタルズ投資の対象から外せというわけではないことを念のため付け加えておきます。

↓いつもクリック有難うございます。
↓最近は、梅ラン、小金持ち父さん、ふえふえと肩を並べています。
↓この辺のブログはマスコミにも取り上げられているようです。
↓ここも取り上げてもらえんかしら・・・。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


今週の結果発表

080725.jpg

今週は日経平均が大きく上げました。
けど、私のポートフォリオは、どれほども増えませんでした。

こういう時、短期で投資していると、こんな不安に駆られます。
「俺の持ってる株、駄目じゃん。
 一旦売って、もっと値動きの軽い銘柄買わなきゃ!!」

下がったら下がったで、文句をつけ、
上がったら上がったで、その上がり加減に文句をつける。

そして、売った途端に今度は自分が持っていた株が上がりだし、
慌てて買った方は大きく下がる。
(往々にして、慌てて買った方は根拠が希薄だったりする。)

こんなことを続けていては、上げ局面では大して儲からず、
下げ局面では、確実に損を重ねることになります。

ピーターリンチは、このような投資行為を
「花を引き抜いて、雑草に水をやる」行為と、
ユーモアたっぷりにご注意を入れてくれます。

いちいち些細なことは気にせず、鈍感力でいきましょう。
(短期トレードでは、この些細な違いに投資機会を見つけますが、
 ファンダメンタルズ投資においては、この些細な違いを無視することが重要です。)

ただ、今週ちょっと失敗をしました。
今週中にもう100株買おうと思っていたコメ兵が買えませんでした。

全体相場が強気だった木曜を避けて、
全体相場が下げた金曜に指値で買いに行ったのですが、
この銘柄は、木曜に下げて、金曜は上げたのです。

バフェットにとって2人いる理論的先生の1人であるフィッシャーは、
「超成長企業を見つけたら、指値ではなく、成り行きで買え!!」
と、買い方まで教えてくれています。

こうやって、ファンダメンタルズ投資をしていると、
本当に偉大な先人は、あらゆる局面でどうすれば良いか?
ポイントとなる言葉を残してくれているのに全く驚きます。

月曜は成り行きで買うとしますか・・・。
ちなみにその月曜にコメ兵の4-6月期の決算発表があります。
決算の後にするか、先にするか・・・。
悩むところではあるのですが・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


バフェット本が売れている

最近は本屋にバフェット関連の本が良く並ぶようになりました。

株価が下落する前は、カリスマトレーダーの
テクニカルやチャート、デイトレ関連本ばかりでしたが、
大幅に下落して皆が冷静になったときに、原点に帰る意味で、
バフェットの投資スタイルが注目されるのでしょう。

確かにバフェットの本は、奥が深く、
長年投資を続けてきたものには、
心にしみこむ内容となっています。

私の推奨本の「バフェットの教訓」も、いいですよ。
ちょっとした「投資の会話」で使える言葉がてんこ盛りです。

ただ、これらの本を読んでも、
「じゃあ、そんな会社どこにあるの?」
となったときに、内容が抽象的な分、
投資初心者にはわかりにくいかも知れません。

その点、ピーターリンチは具体的です。
いつ、どこを、どう探すのか?

その企業はどういう特徴を持っており、
どういう理由で、それが狙いなのか?

ユーモアたっぷりに教えてくれます。

ちょっと残念なのは、
少々内容が古いのと、
われわれ日本人になじみが薄いアメリカのお話が多いことでしょうか?

この弱点をクリアすべく、
「平成20年の現代日本でピーターリンチ的投資法が通用するか?」
をこのブログで証明しようしているわけです。

どうです?大胆でしょ!!

これで、駄目駄目な結果となってしまっては、
ピーターリンチに怒られてしまいますね・・・。

コメ兵、4-6月期決算、大丈夫かしら?

↓最近は読者も増えてきました。
↓クリックもよろしくお願いします。
banner2.gif

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


コメ兵純益28%増

うぅー。某地方都市で取引先と深酒・・・。
ホテルに着いたのはAM2:00を大きく過ぎていました・・・。

一晩空けて、ようやく、ゆっくりコメ兵の4-6月期決算を見ています。

うーむ。
このご時勢に、対前期比、売上げ10%増。純益28%増は立派です。
既に発表のあったユニクロの3-5月期決算も売上げ10%増。純益28%増ですから・・・。

ユニクロ(ファーストリテイリング:9983)はその後、
不況に強い銘柄として取り上げられ、20%ほど株価が上昇しています。

ただ、コメ兵に関しては、
私はもっと良い決算を想像していました。
その想像が外れたのには、ここ特有の大きなリスクが存在し、
そのリスク解消に企業が動いたからです。

株価の方も、その辺をどう評価していいのか?
ちょっと戸惑い気味で、とりあえず、全体相場程度に下げました・・・。
(私自身は、企業としての健全な動きとして評価しますが・・・。)

さて、そのリスクを説明しようとすると、少し会計の話に入る必要がありそうです。
せっかくですから、8月7日の三菱鉛筆、アークランドサービスの
4-6月期決算発表まで、少々時間もありますので、
コメ兵の決算分析をやりながら、一緒に財務分析の勉強でもしていきましょうか?

こんなことでもしないとこのブログ、すぐにネタ切れになってしまいますしね・・・。
暇つぶしにお付き合いください。


↓またまた、いつもの定位置(7~10位)に戻ってしまいました。
↓クリックよろしくお願いします。
banner2.gif


テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。