旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相場は良いかって?

株式相場は時としてとんでもない暴落を繰り返します。
(昨日はまさにそれでした。)

このような状況をどう乗り切ればよいのか?

それについては「ピーターリンチの株で勝つ」の第5章に詳しく書かれています。
お手持ちの方は、ここを読み返されてはどうでしょう?
(すっかり相場に振り回されて、完全にグロッキー状態の方には、
 ←南極で船が大破したシャクルトンの奇跡の脱出劇の方が良いかも知れませんが・・・。)

いくつか興味深い部分を引用しますと、
(いえいえシャクルトンではありません。ピーターの方です。)

(95ページ)
はっきりしていることは、株で金儲けをするのに
株式市場全体の予測をする必要はないということだ。

(97ページ)
1981年7月から82年2月にかけて約16ヶ月不況が続いた。
(中略)・・・・。
そして、10人中8人の投資家が絶対に1930年代のような不況になると
言い始めたとたんに、株式相場はそれに復讐するかのように反発し、
突然、世の中のすべてが丸く収まってしまった。

(102ページ)
私の10倍株のいくつかは、実にひどい相場のときに急上昇している。

確かにしまむらやユニクロは、98年の日本の金融危機の直後、
真っ先に10倍高(ユニクロは40倍)を達成していますし、

ライブドアショックから、世界同時テロ、テロとの戦争と
株式投資どころでは無かった2000年~2003年の大下げ相場をあざ笑うかのように、
カッパ寿司やポイント(WarCowさんに教えてもらいました)は
逆行高を続け、結局、70倍高や100倍高を達成しています。

良い株は悪いときに・・・。

どうも、私好みな小型成長株は、
むしろ、下げ相場でこそ、光り輝くとすら感じています。

個人的な相場観で恐縮ですが、理由は次回・・・。

(あくまで投資は自己責任で・・・。
ピーターリンチも、
「相場の先行きを予測するには、人の意見を聞くよりも、
いびきをかくことだ。」
と教えてくれていますよ。)

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓皆様の暖かいクリックで本日も金融投資全般部門1位です。
↓本当にクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


シェア拡大は決まって不況時

失われた10年時、散々言われたことですが、

企業は、景気の良い時に利益を伸ばしても、
シェアは、それほど変わりません。

ところが、景気が悪くなると、
企業の優劣がはっきりし、
力ある企業は一気にシェアを拡大。
業界地図が様変わりします。

既にご紹介したピーターリンチ型の小売・外食10倍企業は、
皆、低価格を武器に不況時にシェアを伸ばしました。

今や、イオンモールやルミネの常連、
ユニクロやタワーレコード、無印良品、ダイソー、GAP・・・・
みんな、失われた10年の間にシェアを拡大し、圧倒的な勝ち組に成長しました。

他の業種でも、ヤマダ電機、ニトリ、西松屋、タマホーム、マツモトキヨシ・・・・

確かに今、戦後最大の金融危機が起こっているには違いありませんが、
まだ、リセッション入りか?などと言われている段階です。

少なくとも日本においては、
前回や前々回のデフレスパイラル中に
「これでもか」と金融危機やテロや戦争が起きた時と比べると、
比べ物にならないほど、世の中はうまく回っています。

物価が上がって、少し、景気が悪くなったような感じにはなってきていますが、
まだ、企業も3K(広告費、交通費、交際費)を少しカットしている程度でしょう。

コレが、もっと厳しい不況になると、
新3K(管理職、間接部門、高齢者)がカットされます・・・。

こうしてライバル達がのたうち回っているのを横目に、
力ある小型成長企業がシェアをどんどん伸ばすのです。

また人々の消費行動も、好景気時には多様化しますが、
景気が悪くなると、選ぶ余裕なんてなくなってきますから、
みんな同じ店で似たようなものを買うようになります。

この行動がさらに彼らの業績を押し上げたのです。

これが、ピーターリンチ型超成長企業が、
不況時に光り輝く1つ目の理由です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
全然話は変わりますが、
今日自分の手相を見ると金運線が、突如太く濃くなっていることに気づきました。
なんか良いことありそう・・・。

実は、知り合いに占いの先生がいて、以前、いろいろ教わったのです。

えっ?「そっちの方が興味ある」ですって?
えっ?「出来れば結婚線???」

じゃあ、また、暇なときにでも・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。