旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


衝撃!!1月効果の検証

皆さん、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

さて、1月は、小型株が大型株よりも騰がる現象、
「1月効果」について、最近の日本でも当てはまるのか、
念のため確認してみました。

比較対象として、過去12年間について
大型株=日経平均
小型株=ジャスダック指数
とし、それぞれの月別のリターンを調べて、
比較してみたのです。(月末終値ベース)

結果は驚きのものとなりました。
1月効果

それぞれジャスダック指数、日経平均の月別平均リターンを示し、
その差を、ジャスダックの超過リターンとして示しています。
また、勝/負は、過去12年間のジャスダック指数の日経平均に対する勝ち数と負け数です。

ご覧の通り、1月は、
超過リターン、勝ち数ともに明らかにジャスダック指数有利を示しています。

負けた2回は、ライブドアショックが発生し新興市場の総崩れが始まった2006年1月と
サブプライムローンショック後の売り仕掛けが猛烈に入って、
総崩れとなった2008年1月の2回だけなのです。

うーん。

例外的な2年を除くと、実質全勝で、1月はジャスダックが大型株を
こんなにもアウトパフォームしているとは・・・。

なんという強烈なアノマリーなんだ!!

と、いうことで、ジェレミー・シーゲルのおっしゃっていることは
全く持って当たっていました。

さぁ、私の持ってる小型株ちゃんも、1月騰がっちゃってちょうだい!!

↓参考になった方はクリックのほうもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


発見!!ジャスダックの新事実

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
株式投資 第4版 (ジェレミー・シーゲル、日経BP社)P329

素晴らしいことに、(1月効果と呼ばれる)小型株から大きな利益が転がり込むのを見るために
1ヶ月間ずっと待つ必要はない。小型株を買い始めるのは12月の最終取引日(しばしば午後遅く)で、
一部の投資家が投げ捨てた銘柄を安値で拾えばいい。
小型株の株価は翌年1月の最初の取引日に力強く上昇するが、その上昇力は1週間も続かない。
1月の最初の取引日だけで、小型株は大型株よりも4%以上上昇する。
しかし、1月中旬になると、1月効果はほとんど消滅する。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ジェレミー・シーゲルによると、米国では、1月効果は、
最初の1週間で消滅するとのことですが、
果たして、日本の場合はどうでしょう・・・。

過去12年間の1月の営業日別の対12月末終値比の
ジャスダック指数と日経平均の平均チャートを作成してみました。

結果は、驚くべき事実を私たちに提供してくれました。
1月効果の意味

①まず、ジェレミーシーゲルが言う最初の取引日の上昇力は、
アメリカのそれよりもずいぶん小さく、ジャスダック指数で0.64%の上昇。
これは、日経平均の0.11%を0.53%上回ります。

いわゆるご祝儀相場です。

②そして、最初の1週間ではなく、8日間で、
1月効果がどんどん現れ、3.05%まで拡大しています。
これは、1月効果4.01%の実に76%に相当します。

ところが、この拡大の主因は、ジャスダック指数が騰がるというよりも、
日経平均の下落にあるということがわかります。

③さらに、面白いのは、最後の7営業日にジャスダック指数が力強く上昇することです。

この上昇はいったい何を意味するのでしょうか?

もう一度、昨日の月別比較表を見てみましょう。
1月効果
昨日は触れませんでしたが、
1月効果のほかに、5月と6月が非常に特徴的になっていますね。

5月は1月効果の逆で、ジャスダック指数は日経平均に大きく負けています。
その後、6月にそのギャップを取り戻すように上昇しています。

この理由と、1月後半の上昇はどうやら関係がありそうです。

私の仮説はこうです。

日本の小型成長株の多くは、控えめな通期予想を立てます。
例年20%成長を続けているにも関わらず、昨年とトントンか
下手したら、マイナスみたいな通期予想を平気で発表するのです。

これが3月決算発表後の下げ、つまり5月の下げに影響しているのです。

このネガティブ過ぎる通期発表によるがっくり下げを狙って
どうやらベテラン選手は買いこんでいるようですね。

6月は、その反動を埋めるように上昇するのですから・・・。

で、中間決算が終わるころまでは、まだ上方修正はないのですが、
第3四半期決算が発表される、そう、1月中旬から、
上方修正期待が高まり力強く上昇する。

どうでしょう?

つまり、日本の1月効果は、月初めのご祝儀的な需給要因に加えて、
ネガティブ過ぎる通期予想の反動騰げが後半に現れ、
大きなアノマリーになると考えられるのです。

↓参考になった方はクリックのほうもよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。