旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


株式投資の未来

ジェレミー・シーゲルの株式投資の未来は、
株式投資家にとって非常に興味深い本であり、
初心者が最も陥りやすいワナについて理論立てて
理由を教えてくれます。

また、バフェットやピーターリンチの投資法を
データからフォローしてくれます。

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
(2005/11/23)
ジェレミー・シーゲル瑞穂 のりこ

商品詳細を見る


ピーターリンチやバフェットが言う理屈は極めて単純です。

①長期的に成長が見込める株を
②割安に買え

ただ、それだけなのです。

ただし、
長期的に成長が見込める株をどう見つけ出すか?
そんなすばらしい株を、いつ、どうすれば、割安に買えるのか?

という部分が問題であり、

彼らは、その方法を事細かく、教えてくれるのです。
(これについては、もう散々このブログで書いてきましたので、
 今日は、この部分については、省略します。)

話を元に戻して、

では、シーゲルは、「株式投資の未来」の中で、
バフェットやピーターリンチのどの部分を
データから証明してくれるのか?

ということなのですが、

それは、
「たとえ、高い成長が見込める株や
高い成長が見込める国の株であっても、
割安に買わなければ、高いリターンは得られない。
それどころか、資産の多くを失う。」

という事実を多くのデータから教えてくれるのです。

第5部 ポートフォリオ戦略の
16章 世界市場と国際ポートフォリオ

の中で、1992年から2003年までの
中国株とブラジル株を比較して、
非常に面白く解説が入ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
P262

(すでに経済が離陸していた)
中国の経済成長率は実質的に、どの指標で見ても、
(政治的に大混乱していた)ブラジルを大幅に上回った。

(中略)

ところが、株式投資家のリターンをみると、話がまるで違う。
1992年以降(2003年までの)中国市場の運用成績は、
世界のどの国よりも低迷している。

(中略)

中国経済は誰がどう見ても、どの国よりも成長している。
だが、中国株のここまでのリターンは(1992~2003)、
目も当てられないほどひどい。

株価が高すぎるからだ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この理屈に従えば、
日本の中小型株の将来は極めて明るいと言えます。

特にPER10以下で、順調に成長しているような銘柄は、
期待通りに経済成長に乗れたとしても
予想PERで20倍以上の大型株よりは、
おそらく有望でしょう。

もっといえば、
ひょっとしたら、タイ国への株式投資が、
中長期的に有望かもしれません。

上記シーゲルの話によれば、1992年当時、政治的大混乱に陥っていたブラジル株は、
その後、目を見張る長期的なリターンを投資家にもたらしたそうですから・・・。

政治的大混乱の日本株の、しかも、短期トレードがはやりすぎ、
流動性リスクに対する意識が強すぎて、すっかり、蚊帳の外に置かれてきた

日本の割安成長小型株はきわめて有望です。

昨日の記事で、2年後までの成長を織り込んでPER30倍などというと、
今の株価水準からは、とんでもない事を言っているように思われた方もいるかも知れませんが、
過去の小型株ブームのときや、中国株のPERなどと比較すれば、
場合によっては、そんな水準まで買われる可能性も、十分あるのです。

↓(一時的かも知れませんが)ずいぶん順位は上がりました。
↓ご参考になりましたら、本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


首相が代わったからといって・・・

私の投資暦は平成に入る前後からですから、
もう22年になります。

その間、非常に多くの内閣総理大臣が登場してきました。

歴代総理大臣を並べたサイトがありましたので、
ちょっと見てみましょう。

http://www1.cnc.jp/aisaikaen/012-zatugaku/souri.html

私たちが生まれる前にはどうも偉大な政治家もいたようですが、
少なくとも平成以降については、

顔を思い出すだけでも、
「あのころは政治が混乱していたなあ・・・。」
という思い出ばかりですね。

別に、鳩山総理が混乱の中、辞任したからといって、
それが原因で、日本企業の何が変わるというのでしょうか?

正直、日本総理のリーダーシップの欠如は、
今に始まったことではなく、ずーーーっと続いていることなのです。

もちろん、常に株価にも織り込まれており、
いまさら驚きでも何でもないでしょう・・・。

それが証拠に、上の歴代総理は、途中で更新されていないため、
安部晋三氏で終わっていますが、

その後の総理をすぐに思い出せますか?

もっというと
今回は、小沢氏も幹事長職をおやめになるようですが、
各内閣の幹事長を順番に言えますか?

政治なんてそんなもんです。

正直申しまして、長期投資の観点から株を買うのであれば、
「日本の政治家はあてにならない」ことを前提に
経営戦略を着々と実施できているような企業でないと、
話になりません。

もちろん、私も、いつか偉大な政治家が登場して、リーダーシップを発揮し、
金属疲労の著しい日本の社会構造システムを劇的に改善してくれることを
切に願ってはいますが、それと投資は別問題です。

時々、掲示板などで、
「日本は政治が悪いから株が下がる」みたいなことをいう方がいますが、
まぁ、多くは売り方か、安く仕込みたい方々か、
政治とは無関係に株価の下落で損をした方々でしょう・・・。


さて、安倍晋三内閣の続きの答えですが、

福田、麻生、そして鳩山と続きました。

「ああっ、そうだった。そうだった。フクダ、いたなぁ~!!」

サブプライムローンショックや、リーマンショックのことは
鮮明に覚えていても、当時の総理の顔は思い出せない・・・。

もちろん、幹事長にいたっては、何一つ思い出せない。

それでも、上がる株は上がるし、下がる株は下がるだけなのです。

しかし、麻生政権の幹事長って、はて、誰だったっけ???

↓(一時的かも知れませんが)ずいぶん順位は上がりました。
↓ご参考になりましたら、本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。