旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月末実績

出張で1日遅れてしまいました。
7月1日時点でのこのブログ上の運用結果です。
100701実績

毎月末時点でずっと比較してきましたので、
1日前の6月30日時点に直すと、
100701ポートフォリオ
ティア社が今日40円下げた以外は、動きがありませんでしたから、
昨日時点の私のポートフォリオは、1,578,549円でした。
(先月末比+19,502円。内、7,200円がDVx(3079)からの配当。)

このブログでは、2年前の7月1日から運用を始めました。
スタート時点ではちょうど100万円でしたから、
2年間で、57.8%のプラスとなったわけです。

1006末実績
(ちなみに、この1年間の運用成績は、36.8%のプラスでした。)

この間に、サブプライムローンショックやら、リーマンショックやらがあったことを
考えると、悪くはありませんね・・・。

ファンダメンタルズが崩れたり、
異常な水準まで買われない限り、
再現可能な勝ちパターンを持った割安株を
ほぼ放ったらかしのバイ&ホールド戦略で保有し続け、

(カリスマトレーダーほどではないけれど、
サラリーマン投資家でもやれるやり方で)

平均的なプロの運用利回りを超える長期的なリターンを目指すというのが、
このブログでの当初からの目標ですから、

何とか、この2年間は、目標を達成することが出来ました。

ちなみに、ピーターリンチは13年間、
バフェットにいたっては、70年近くにわたって、
平均して、このレベル以上の運用成績を残し、

一人は、全米ナンバーワンファンドマネージャーに、
もう一人は、世界一の投資家となったわけです。

↓もし、ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


大多数の人が確信を持った時

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(株で成功するためには)
自分がもつ変な信念や思い込みを除かなければならない。

ほとんどの人が株価や金の値段や金利について、
表立っては言わなくても感覚的な信念を持ちやすいものだが、
現実には考えと反対に間違いの繰り返しとなる。

人々は株が上がるとか景気が良くなるとか勝手に思い込んでは、
正反対の現実にうちのめされていることの方が多い。

【ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)】
「(3)株で成功する資質があるか」P91
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

つい2か月ほど前まで、
「景気はこのまま順調に回復するだろう。」
「構造的な問題を抱える日本だけは金利を上げる事が出来ず、
 円安となることが予想されることから、
 輸出産業は狙い目だ。」
等というのが大方の見方でした。

正直、私も、
「たぶん、そうだろうな・・・。
 今年は、私のポートフォリオも悪くはないだろうが、
 景気敏感株中心の日経平均に負けるかもしれない・・・。」
等と考えていました。

しかし、ピーターリンチの言う通り、
正反対の現実にうちのめされる
結果となっています。

景気は回復どころか、後退の可能性が高まり、
円安どころか、円高に進んでいるのですから・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大多数の投資家が短期的な先行きに確信を持つことができたときに、
経済はまさに悪化し始めるということである。


【ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)】
「(3)株で成功する資質があるか」P92
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

全く、投資家の確信ほどあてにならないものはありませんね・・・。

では、長期投資の観点から、投資家はどのような対応を取るべきか?
もちろん、ピーターリンチは分かりやすく教えてくれます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
人の意見を聞くのではなく、むしろいびきをかくことだ。

また、自分の相場観を信じるよりは、
むしろ無視できるように心掛けることだ。


会社の業績など先行きに変化がない限り、
持ったままでじっとしていることだ。

【ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)】
「(3)株で成功する資質があるか」P94
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

幸い、私は、ピーターリンチを信じて、
自分の相場観を無視し、持ったままでじっとしていることができたので、
今のところは、大ダメージを受けずに済んでいます。

(正確には、底値付近でちょっとジタバタしてしまいましたが、
 急に自分自身の判断力が失われていくのに驚いて、
 5銘柄以内に銘柄数を抑えるルールを守ったことも幸いしました。
 ≪当時の記事≫
 http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-569.html
 http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-572.html

↓もし、ご参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ 
 

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。