旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週の結果発表

080913.jpg
先週よりは回復しましたが、まだマイナス圏です。

さて、先日、池田高校の話をしたときに、
プロがやりたくてもやれない方法で勝負するうんぬんと説明しました。

実は、私のポートフォリオは、まさしく
プロはやりたくてもやれないポートフォリオになっています。

【プロがやりたくても、やれない戦略】
①極端に偏ったポートフォリオ
②超小型株投資
③塩漬け

①極端に偏ったポートフォリオ
プロのファンドマネージャーは様々な条件設定の中で勝負しています。
これは、ピーターリンチの株で勝つの中でも詳しく述べられていますが、
どんなに良い銘柄でも、ポートフォリオの何%以内。だとか、
業種の偏りは何%以内だとか。
いくら、文房具市場が有望と判断できても、
ポートフォリオの50%をその手の業種でまとめるなんてことは
プロはやりたくても出来ないのです。

②超小型株投資
アークランドサービスの金曜日の出来高は0。木曜日は5株。
二日間の取引総額が50万円未満の超小型株なんて、
いくら割安とわかっていても、プロは買えません。
いざ換金しようとしても急には換金出来ないからです。

また、ピーターリンチの説明によれば、
トヨタ株やキャノン株を持っていて例え大損しても、
上司や顧客から「仕方ないことだ」と許してもらえるけど、
アークランドサービスやコメ兵で大損したら、
「こんな訳のわからん銘柄買ってるからだ!!」
と、叱責されてしまうなどというサラリーマン的な事情もあるようです。

③塩漬け
個人であれば、5年でも10年でも自分が許せる限り、塩漬けしてもOKです。
けど、毎月結果が求められ、年間の成績で年収の決まるプロのファンドマネージャーは、
低迷し続ける株を、いつまでも持ち続ける余裕などありません。
本当は売りたくなくても、売らざるを得ない状況だって一杯あるのです。

個人投資家は上記3つの特権を使って勝負すればよいのです。
何も彼らのマネをする必要も無いし、マネをすればするほど勝負にならないでしょう。

私のポートフォリオは、
確かにブログを面白くしようと、わざと極端にしたきらいはあります。
けど、10倍高特集で説明したように、理屈は通したつもりです。
もちろん、大真面目ですよ。
「こんなんでも勝てる」みたいなところを皆さんにお見せしたいと考えています。
ただし、時間はかかると思いますが・・・。

↓今日は娘の運動会でした。
↓しかし、幼稚園の運動会はかわいらしいねぇ~・・・。
200809131100000.jpg
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/122-010152be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。