旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そして奇跡は起こった

そして、奇跡は起こった!―シャクルトン隊、全員生還そして、奇跡は起こった!―シャクルトン隊、全員生還
(2000/09)
ジェニファー アームストロング

商品詳細を見る


さて、あまりに10年前の日本の金融危機と状況が似ているので、
当時のことを思い出しているうちに、ふと一人の偉大なリーダーのことを思い出しました。

アーネスト・シャクルトン。

皆さんはご存知でしょうか?

今回の好景気がスタートする前に全米で流行った偉大なリーダーです。

知らない人のためにごくごく簡単に紹介しますと、

この人、今から100年前の南極探検隊の隊長なのですが、
大変不運なことに南極で船は氷にはさまれ、
ついには大破してしまいました。

この絶望的な状況から、この偉大なリーダーは1年以上かけて、
一人も欠けることなく全隊員を救出したというのです。

氷の上にテントを張り、目が覚めると体温で氷が解け、
体が濡れているような過酷な状況で、
この偉大なリーダーに連れられた隊員は、
驚くほど明るくこの難局を乗り切っていくわけですが・・・。

ひょっとしたら、株価の大暴落で絶望的な気分になっている読者もいるかもしれませんので、
この本でも読んで勇気出してください。

「100万や200万の損、どうってことない」と言う気分にさせてくれるはずです。

えっ?「俺の損は、そんなレベルじゃない」ですって?

大丈夫。100年前に、船無しで南極に取り残されるよりはマシですって!!
(救命ボートだけはあって、これで、大荒れの南氷洋を信じられない距離、航海したりするわけですが・・・。)

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/130-00fad6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。