旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社名は株価に影響するか?

10倍高特集に続く、第2弾!!

特別企画「社名は株価に影響するか?」を
今週からやって行きたいと思います。

「ピーターリンチの株で勝つ」第8章の中で、
投資対象の選別に当たってもっとも重要な13項目を挙げています。

その第一番目が
(1)面白みのない、または馬鹿げている社名

10倍高を狙うに当たって、
もし早く買えるのであれば、退屈な社名や奇妙な名前の会社は安く買えるそうです。

理由は、
①退屈な社名は、つい見逃してしまう。
②馬鹿げている社名の会社は、プロも推薦しにくい。
③友人や知人に自慢しにくい
等が考えられます。

確かに、
「俺、免疫生物研究所の株、持ってるんだ。」
と言ったほうが、
「アークランドサービス持ってるんだ。」
というより聞こえは良さそうですね。

だいたいアークランドサービスと言って何の会社かわかる人はまずいないでしょう。
株価もPER5倍以下と超割安です。
(もっとも、免疫生物研究所の方は大赤字企業で株価は1/10まで下げていますが・・・。)

そんな退屈社名で10倍高した企業もありますね。
「しまむら」や「西松屋」あたりが代表企業でしょうか・・。

と、いうわけで、
今週からは、日本における退屈社名、馬鹿げた社名を探し出し、
果たして株価は本当に安いかを検証していきます。

乞うご期待!!

↓むむっ、だいぶ不良中年さんに迫られてきた。
↓向こうを読むと結構1位を意識しているぞ!!
↓この企画で、何とか1位を不動のものにせねば・・・。
↓などと、つまらんことにこだわったりしています。
↓本当にいつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/132-77cd6881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。