旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アリコからの手紙

まずは今週の結果発表を・・・
080927.jpg
リスクはそれなりに後退しましたが、
まだ、地獄のフタがカタカタと音を立てて閉まりが悪い状態ですから、
今週もいろいろありました。
結局、私のポートフォリオも先週と大きくは変わらずです。

ところで、例の娘の教育資金の一件ですが、
今日、アリコから手紙が届きました。
アリコからの手紙

内容を簡単にまとめると、
①世間をお騒がせしてすみません。
②先日解約手続きの書類を送付しましたが、
③その後、状況は大きく変わり、もうご心配には及びませんので、
④解約については考え直してください。
とのことです。

確かに米国政府がバックに付いているわけですから、
今回は解約を見送るとしましょうか・・・。

コレだけ株価が安いタイミングで、
下手に解約して、手元に現金が出来てしまうと、
娘の教育資金まで、株に突っ込んでしまいそうでその方が怖い。

実は、今回の一件でコレまで以上に、
「堅実な企業を割安な株価で買う」ことは
保険を買うよりもリスクが低いのでは?

などと考え出していたくらいですから・・・。

さて、社名と株価の関係ですが、お楽しみ頂いておりますでしょうか?

実は、あのドラッグストアと外食産業のデータ作りこむのに3時間は費やしました。

せっかく作ったので、ついでにちょいとデータを付け加えて、
株価と株主優待の関係も見てみたいと思います。

というのも、アークランドサービスの掲示板で、
「優待が無いから、株価が上がらない」的な議論が
何度も繰り返されたからです。

ファンダメンタルズの観点からは、優待の有無はまるで株価には影響しないはずです。

私自身、「優待制度なんて子供騙し」くらいにしか考えていませんでしたが、
果たして結果はどうなっているでしょう。

さぁ次回!!衝撃の真事実が明らかにされます!!

↓いつもクリック有難うございます。
↓なんとか1位をキープです。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/137-b7e8c948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。