旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日はまた昇る。株価は歪む。

しかし、今の日本の投資家は、ファンダメンタルズよりも
社名や優待を重視しているとは・・・。

それもそのはずでしょうね。

ほとんどの投資家は、ファンダメンタルズとファンタオレンジの違いも説明できないまま、
大金を投資しているのですから・・・。
(←そういう方は「エナフンさんの梨の木」を参考にしてください。)

株式相場は全くもって不合理な動きをするものである。
【ピーターリンチの株で勝つ(P101)】

経済学の中には「合理的行動モデル」というのがあって、
これを前提にした投資法もあります。

けれども、今回ご紹介したほんの少しの事例からも、
「人々は常に合理的な判断に基づき、
合理的に行動しているため、
常に合理的な株価が実現している」
的な議論を信じる気にはなりません。

むしろ、
「人々は常に間違った判断に基づき、
間違った行動しているため、
常に株価は歪んでいる。」
と考えたほうが正しいとすら思います。

では、今後もずーと人々は、ファンダメンタルズを無視して、
社名や優待で株を買い続けるのでしょうか?

もしそうなら、一生、激安トリオは激安のままということになりますが、
どうもそうでも無いようです。

この点についても、ピーターリンチは興味深いコメントを残しています。
それについては、また次回。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
と、ここまで昨日の夜書いて寝ました。

そして、今朝、見直ししてからアップしようとしたら、
なんと、ニューヨークまたまた激烈な下げですね・・・。

これは私も全くの予想外!!

「9月末特有のお化粧買いが入るかな」などとうっかり買いを入れた短期筋は
絶望的な気分になっているかも知れません。

人々は株が上がるとか景気が良くなるとか勝手に思い込んでは、
正反対の現実に裏切られることのほうが多い。
【ピーターリンチの株で勝つ(P91)】

ちなみにこういう局面でピーターリンチならどうするか?

相場の先行きを予測するには、人の意見を聞くのではなく、むしろいびきをかくことだ。
また、自分の相場観を信じるよりは、むしろ無視できるように心掛けることだ。
会社の業績など先行きに変化がない限り、持ったままでジッとしていることだ。
【ピーターリンチの株で勝つ(P92)】

だそうです。

もちろん。私は放ったらかしホールドですよ。
まぁ、週末には何らかの結論が出てるでしょう。

今回も、この世の終わりは来ないと思いますが・・・。

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓皆様の暖かいクリックで本日も金融投資全般部門1位です。
↓本当にクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/139-7387d8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。