旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すばらしい投資機会

まずは今週の結果発表から、
081003.jpg

先週と比べて、コメ兵、パイロット、三菱鉛筆に大きな変動はありませんでした。

ただ、NYダウが777ドル下げた翌日の全面安時に、
パイロットが8%以上逆行高したのは少々驚きでしたが・・・。
(この銘柄、少々踏み上げ気味ですね。)

反対にアークランドサービスは、結構大きく下げました。

既に出鱈目な価格が付いているので、さらに何が起きても不思議ではありません。
強盗犯が出鱈目ついでにスピード違反するようなものです。

【バフェットの教訓No.114】
優良企業が異常な環境下に置かれ、
株価の鑑定ミスが引き起こされたとき、
すばらしい投資機会が訪れる。

アークランドサービスは、複数の要因が重なって
まさに異常な環境下に置かれています。(つまりすばらしい投資機会)

①出落ち(新規公開後は業績に関係なく必ず下げる珍現象)
②サブプライムローンショックから始まる金融危機
③異常なレベルの新興市場離れ
④出来高や時価総額の小さな企業に対する異常なレベルでの過小評価
⑤外食産業に対する十把一からげの低評価
⑥社名や優待を投資基準にしたレベルの低い投資家の増加
⑦チャートやテクニカルを重視しすぎた株価形成

これらが、全て是正されたときには、
とんでもない利益が投資家にもたらされると考えています。

無借金経営で急成長している企業が、
PER4倍前後とは・・・。

ピーターリンチがタコ・ベルを笑い話として使っているように、
いつか、ここの異常低水準株価は笑い話に使えると思いますが・・・。
もちろん、良い思い出として・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/143-e02d2833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。