旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイゼリアの好決算

さて、昨日は我が目を疑う大暴落でした。

欧米金融機関の換金売りに仕掛け売りが加わったということですが、
この換金売りこそ、ファンダメンタルズもテクニカルもヘッタクレもない
もっとも出鱈目な売りの一つと云えるでしょう。

企業は、通常利益を上げるために投資をしますが、
「このままでは潰れる」というレベルに到達すると、
もう、なりふり構わず、金になるものを売り始めます。

いくら数年後、何倍にもなるお宝株だとしても、
今売らないと明日はもう無いのですから・・・。

この現象も98~99年の日本の金融危機時にもあった現象です。
ただ、規模が世界規模なのと、時間が余りに短期間なのを除けば・・・。

そんな中、低価格を武器にしたファミリーレストランの
サイゼリアが前期比7%増の好決算を出し、注目を浴びています。

どうです?言ったとおりになってきたでしょ。

たった7%ですよ。

昨年までなら、きっと材料にもならなかったでしょう。
むしろ、材料出尽くしで下げたかもしれません。

こうして、株の主役が変わり、次の相場が始まるのです。

それでは外食産業の月次の様子を見てみましょう。

↓クリックしてください。
http://www.fb-soken.com/page361.htm

どうです?言ったとおりでしょ。
不況になると、勝ち組と負け組みがはっきりするのです。
しかも、勝ってるのはみんな低価格路線の企業です。

そんな中、一昨日発表したアークランドサービス社の月次速報は驚異的でした。
↓クリックしてください。
http://eir.eol.co.jp/EIR/View.aspx?cat=tdnet&sid=640976

明らかにピーターリンチがいうところの超成長企業の条件をそろえています。
上半期は大量出店による出店コストが嵩み、
純益ベースでは前期比トントンでしたが、下半期は期待できそうです。

また、ピーターリンチが言うには、
ファンドや金融機関が買っていない株の方が良いそうです。

確かに今の出鱈目な下落を見ると、
「欧米の金融機関が買ってくれていなくて良かった」
とすら感じます。

素人の知恵でプロを出し抜く!!

全体相場は見ず、ひたすら投資した企業に注視する!!

ピーターリンチの仰るとおりの投資法を取っているつもりですが、
本当に「馬はちゃんと走ってくれるでしょうか?」

いくら展開は読みどおりでも、
馬券がとれるかどうかは別問題ですからね。

何せ100年に1度の金融危機ですから・・・。
(あくまで投資は自己責任で。)
(このブログの立ち上げの経緯から、
私の読者にはALサービス社の株主が多くいますので、
ALサービス社については少し詳し目の解説を入れています。)

↓いつもクリック有難うございます。
↓人気ブログランキングに登録しています。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/148-dfd5a374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。