旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下がったというだけで

まずは先週の結果発表から
081010.jpg
いやー。どれもこれも気持ちよく下げました。

実は、自信たっぷりに投資のブログ立ち上げといて、
含み損状態は恥ずかしいなぁ~などとも思っていましたが、
こうなってしまうと、キャッシュポジションで持っとくか、売り方に徹していない限り、
どう投資してもこんなもんでしょ。

と、少し気が楽になりました。

まぁ、下げきったら、もう100万投入してナンピン買いしようかしらん。
(それは、ちょっと反則かな?)

ファンダメンタルズ投資においては、
ファンダメンタルズや今後の成長と照らし合わせて、
妥当以下の価格で購入しさえすれば、
売却までの過程はあまり関係ありません。

買った後、順調に上げようが、
買った直後から、下げようが、
売るときの値段が一緒なら、儲けは同じという理屈です。

「もっと待っておけば、もっと安く買えたのに・・・」
という考えがおきてしまいますが、
(同様に「早く売りすぎた。もっと持っておけばもっと儲かったのに・・・。」も)
別に、「底で買って天井で売る」必要なんてありません。

そんな神業的な芸当をしなくても、要は儲かればいいのですから・・・。

【ピーターリンチの株で勝つ】
20章 5万人のフランス人も間違えることはある(P336)

・買った株が上がったというだけで、あなたが正しいということにはならない。
・買った株が下がったというだけで、あなたが間違っていたということにもならない。

こんな悲惨な状況にも、ピーターリンチは適切な解説を用意してくれていました。

バフェットの言うように、「カトリック教徒の結婚のように選んだ」銘柄ですから、
この程度の金融危機で、簡単に離婚するわけにも行きませんしね・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
↓人気ブログランキングに登録しています。
↓お蔭様で今日も1位をキープです。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

こんにちは。あっ、行きました?本社!!期待通りでしょ。現場主義の社長も良いし、店の繁盛ぶりも問題なしです。楽しみは膨らむばかりなのですが・・・。
【2008/10/12 16:10】 URL | エナフンパパ #-[ 編集]

・買った株が下がったというだけで、あなたが間違っていたということにもならない。
この言葉は、励みになりますね。
バフェットもワシントンポストを買い付けてから40%の値下がりをし、そこから何倍にもなったようですから。
話は変わりますが、昨日、私も秋葉原でアークランドサービスの本社を見てきました。
見事なぐらい金がかかっていなくて感動しました。
【2008/10/12 13:43】 URL | yuuyan331 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/151-897175cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。