旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7年前

今回の金融危機を世界恐慌と比べる人が増えてきました。

けど、そんな大昔と比べなくても、
日本の株価については、ほんの7年前とよく似た状況です。(以下トピックス10年チャート)

トピックス10年チャート

ITバブル崩壊で、弱っているところに、
同時多発テロから、アフガン戦争、イラク戦争・・・。
みんな、「世界の秩序は失われるのではないか?」
と心配しながら、ビールをやめて発泡酒を飲んでました。
(あの時もひどい相場でした。
 株式ニュースなんて暗くて暗くて、見ていらんなかったんだから・・・。
 みんな、もう忘れちゃって・・・。)

ただ、小泉さんが「景気が悪いのに円高はおかしい。」と、
ブッシュさんと掛け合ってくれた辺りから、状況はよくなり、
前回衆院選で自民党大勝利の後、
世界もびっくりの大暴騰を演じました。
(これが普通だと思っちゃうから、おかしくなるんだよねぇ・・・。)

2006年以降は、日経平均は横ばいですが、
勝ち組大企業は大暴騰、平均点以下はボロカスに売られて、投機的色彩が強い相場でした。
そして、サブプライムローンショックで今回の大暴落。
(正直言って、「また来たな」って感じ・・・。
ついでにいうと、前回よりは実体経済には影響してないような気がするんだけど・・・。
世界同時多発テロの直後なんて、本当にパタリと経済が止まったんだから・・・。
今回、損したのは結局金持ちだけで、庶民はいつも通りかも?)

では、小型株はどうだったかというと、(以下ジャスダック10年チャート)
ジャスダック10年チャート

大きな流れはトピックスと変わりませんが、
よく見ると、上にも下にも、常に先行して動いていますね。

確かにこの2年ほどは、小型株より大型株の方が良く騰げました。

けど、これは世界のマネーが大きくなりすぎて、
小型株では物足りなくなったからです。
ファンダメンタルズとはあまり関係ありません。

言っときますけど、一度マネーのパワーが小さくなってしまったら、
新日鉄やトヨタといった超重量級の株なんて、そうそう騰がりやしませんよ。

最初に鉄鋼株が紙のように舞ったときは、みんなビックリしたんですから・・・。

それでは、もう一回ツムラに登場してもらいましょう。(前回と同じチャート。)
ツムラ

そうです。そうです。コレ、コレ!!
本当に良い株は、全体相場なんてお構い無し。
(10倍高、してますね!!)

このまま、本当に世界恐慌が来るなら、話は別かもしれませんが、
8年前から5年前までの下げ程度で済むのであれば、
狙うべきは明白です。

各国政府の努力に期待しましょうか・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
↓人気ブログランキングに登録しています。
↓お蔭様で今日も1位をキープです。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/152-ddc1aad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。