旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小売の潮目は変わった

週間ダイヤモンド10/18号は小売特集でした。

このブログで取り上げてきた小売企業がたくさん登場していたので、
読まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

彼らは不況を追い風に急成長してきただけに、
不況の入り口といわれる今、
その発言に注目したいところです。

少し、週間ダイヤモンドの記事の中で、社長連中のコメントから、
私がブログで書いてきたことを補完させていただきたいと思います。

【ファーストリテイリング(柳井社長)】
所得が増えないから、高級ブランドは売れなくなってきている。
それぞれが身の丈に合った消費行動に移っているということだ。

【良品計画(松井社長)】
われわれは2000年に1度業績が落ちた。
その時はデフレ時代の到来で、100円ショップやユニクロの大躍進など低価格業態が多く出てきたときだ。そのときにお客様の意識が変わり、消費行動が変化した。

【ニトリ(似鳥社長)】
こういう不景気の時には
価格の安い商品が求められるのは必然だと思う。
そのときに、品質は適正水準を維持していなければならないのは
言うまでもない。

【しまむら(藤原社長)】
ただ、下期は流行の潮目が変わってきている。

【イオン(豊島取締役GMS事業最高経営責任者)】
価格競争力とその基にある企業体力のあるところが強い。

「企業体力」というと何か漠然とした言葉に聞こえますが、
要は「財務基盤がしっかりしている」という意味です。

どうでしょう・・・。

不況になると注目すべき企業の代表が、
価格競争力のある小売や外食という
私の相場観も間違ってはいなさそうですね。

↓ついに2位に落ちてしまった!!
↓まぁしょうがないか・・・。
↓読者数が全然違いますからね・・・。
↓つまりクリック率はこちらの方が高いということですね。
↓いつも本当に有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

こちらこそ、はじめまして。リンク貼っていただき、誠に有難うございます。今後ともよろしくお願いします。
【2008/10/20 22:39】 URL | エナフンパパ #-[ 編集]

とても勉強になります。
ちょくちょくのぞかせていただきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

※誠に勝手ながらリンクさせていただきました。
【2008/10/20 16:02】 URL | ハヤグイ #UI0OFwC6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/158-bdfc79da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。