旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原因は損切り

最近の日経平均の下げを見ていると、
他ならぬ日本人投資家の主流である
短期トレーダーこそが相場を壊しているように見えます。

「今日こそリバウンド」と飛び込んだデイトレーダーが、
午後には、手じまいの投売りを出し、

それが、スウィングトレーダーの損きりラインに到達することで、
下げ幅を急速に早めている。

もちろん、それを助長する売り方の存在もあるのですが、
こと、ここに到っては、そういう動きよりも、
皆さんの我先に逃げ出す、

もっと言うと、自分だけは助かりたい、
という浅ましい思いが相場を作っています。

同時多発テロのときは、
皆がパニックを起こして売りに走ることは、
テロリストを利することになるというメッセージに答え、
相場の崩壊を免れました。

一方、日本の新興市場においては、
究極に短期トレーダーの理論が強くなりすぎたため、
好材料で下げ、悪材料で下げる、
ファンダメンタルズもヘッタクレもない
全く情けない市場に成り変りました。

このまま行くと、東証も新興となんら変わらない状況に
陥ってしまいそうです。

もちろん主因は、米国式金融システムの崩壊です。

しかし、世界的に見てもっとも被害の小さかった日本市場が、
当の米国よりも下げがきつい最大の要因は、
短期トレーダーの理論が強くなりすぎたため、

もっというと、その浅ましい理論の隙を突く、
暴力的な売り仕掛けが成功を収めたためとも
いえるでしょう・・・。

短期トレーダーの皆さんも、
もうそろそろ重要な事実に気づく必要があります。

あなた方が相場の主導権を握ると、社会は滅茶苦茶になることを・・・。

↓いつもクリック有難うございます。
↓本日もよろしくお願いします。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/167-a7696b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。