旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金融相場に突入するか?

あまりに物事が早く進むので、
場合によっては、金融相場に突入する可能性まで
出てきました。
(金融相場と業績相場の違いが、
わからない方は、私が書いた物語、
←「エナフンさんの梨の木」をお読みください。)

さて、最近株を始めた方は、
株価と業績の関係を以下のように捉えているかもしれません。
誤りイメージ
しかし、業績が反転するまで株価が騰がらない訳ではありません。
なぜなら、株価は今の業績を根拠に動くわけではないからです。
何度も言うように、
今ではなく、将来(通常半年~2年程度)の業績を織り込みます。
株価は先行指数
けれども、このイメージも誤りです。
実際はこんな感じです。
金融相場
そうですね。エナフンさんの梨の木で、
私が「天地人の法則」と名づけましたよね。

相場を決める3大要因は、
業績とリスクと金利です。
この金利の影響が強まることにより、
業績と無関係に株価が上がる現象があるのです。

これが、いわゆる金融相場です。

これを知らないと、
何で業績がこんなに悪いのに株価が上がるの?
と、クエスチョンマークが頭の中を回っているうちに、
完全に出遅れてしまいます。

突如、ルールが変わるのです。

それまでは下げの要因だった業績の悪化が、
「悪材料出尽し」等と一蹴され、
ゴジャゴジャ抜きで騰がり始めるのです。

既に世界的に金利は大きく下がっています。
これに関してはまだ株価は何も織り込んでいません。
いつか、これを織り込みに来るのです。

「もう駄目だ。」と素人さんが投げ売った直後に株価が上がりだすのは、
こんなところにも原因があるわけです。

ちなみに長期投資においては、こういう動きもあまり気にしません。
もっとずっと長い周期の波を捕らえに行くからです。
長期投資は

「あれ、何かが変わったな!!」
とピンときたら、そこが大きな潮目かも知れません。

気になったので、
少し気が早いかも知れませんが、書いておきました。

もちろん、まだ、どっちに動くかは微妙な状況です。

↓いつもクリックありがとうございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/170-7a005655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。