旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALサービス決算予想

さて、今週末にはALサービスの第3四半期決算があります。

長期投資においては、
決算書をある程度予想できないと勝負できません。

それでは、ALサービスの過去の実績から、
一緒に決算予想をしてみましょうか?
(読めない部分も多いので、参考程度に・・・。)

ALサービス決算予想

まず、過去の決算短信から、四半期ごとの決算を作る必要があります。
決算短信では、例えば第3四半期決算では、9か月分まとめて発表されますので、
(第3四半期決算)-(中間決算)=(3ヶ月分の決算)を出す必要があります。

これで、過去のトレンドをつかむことができますね。

次に7~9月の売上予想ですが、
これについては、毎月直営店の売上速報が出ていますから、
この数字を利用しましょう。
(過去の実績から、直営店売上と全体の売上の連動性は高い。)

1800(07年09月期)×1.165(売上速報から)
=2097百万円が導き出せました。

原価はここへきて43%まで下がっていますから、
これを利用します。

売上予想2097百万円×43%=910百万円

ここから売上総利益は1187百万円となりました。

この次の予想が難しいのですが、
少し悲観的に見て、上期並みの販管費率を採用します。

2097百万円×48%=1000百万円(端数を丸めました)

これで営業利益は187百万円。
まぁ、この辺がもっとも悲観的に見た予想でしょう・・・。

経常利益は通常、営業利益よりプラスになっていますね。
ここはキャッシュリッチなため、利子の利益が見込めます。

後は過去のトレンドから「エイッ、ヤー」と数字を入れて
経常利益率以下は、なんとなくそれっぽい数字が出てきました。
(閉店による除却損などは解りません。)

もちろん、販管費率が昨年並みなら、
もう40~50百万のプラスが見込めます。
(いわゆる出店コストは一時的な費用です。
 以前このブログでやりましたね。)

おそらく営業利益は、
前期比90%~100%の間に収まると予想されます。
(二桁減益は避けられそうですが、増益は少し難しいかな・・。)

ただ、純益のほうは、昨年の上場コスト約27百万円が浮きますし、
上期からのトレンドを考えて100%以上は行けるでしょう・・・。
うまく行けば二桁増益も見えてきます。
通期予想の達成もこのままなら充分可能です。

おそらく市場のコンセンサスもこんなところでしょう。

少なくともPERが5倍を切るような銘柄でないことだけは確かです。

まぁ当面は、全体相場次第といったところでしょう・・・。

金融相場の本格到来を待ちましょうか?

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

豚肉の価格は以前ヤフーの掲示板にサイトをくっつけておきました。残念ながら豚肉だけは高止まりですね。
【2008/11/06 06:55】 URL | エナフンパパ #-[ 編集]

カナダドルの下落による仕入コスト(豚肉)の削減をを考えると売上総利益率は良くなると思うのですが、どうでしょうか?
【2008/11/05 21:37】 URL | yuuyan331 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/175-2d93acf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。