旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


割引現在価値

大学で経済学を学ぶと
新入生の新学期に
大学教授から不思議なクイズが出ます。

「あなたは、今10万円もらうのと、
 来年10万円もらうのと、どっちがハッピーですか?」

「はぁ?今もらっても、来年もらっても10万円は10万円じゃん!!」
とか、
「今もらうと使っちゃうから、来年のほうがうれしいかな・・・。」
等と考える人も中にはいるでしょう。

けど、経済学の世界では、必ず今もらった方が得だということになります。

なぜなら、今10万円をもらって、すぐ金利1%の貯金をしたら、
1年後には10万1千円にはなっているからです。

1年後に10万円もらうよりも、今もらってすぐ貯金したほうが、
1年後時点では1千円分お得だということです。

逆に言うと、1年後の10万円は、
今の99010円と同じ価値だと考えるのです。
(100,000円÷1.01=99,010円)

はい、これが割引現在価値です。
簡単でしょ。

1年後の10万円を年利1%で割り引いた割引現在価値は99010円。

じゃあ、2年後の10万円の割引現在価値はいくら?

もう解りますよね。
金利1%なら複利計算で、
100,000円÷1.01÷1.01=98,030円

10年後なら、
100,000円÷1.01÷1.01÷1.01÷1.01÷1.01÷1.01÷1.01÷1.01÷1.01÷1.01=90,529円

大学で教えるほどの内容ではありませんね。
このくらいの理屈、義務教育でやれば良いと思うのですが・・・。

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓今日もクリックお願いします。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/181-7f314faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。