旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ティア

まずは、今週の結果発表です。
081121.jpg

このブログをスタートしてから、
初めてポートフォリオを見直しました。

私もそれなりの不況がやってくることは充分想定していたのですが、
明らかに、それ以上の不況が着々と忍び寄っているからです。

それで、ある程度の不況なら売上を伸ばすと期待していたコメ兵を、
どうも今回はそうでもないという理由から処分。

三菱鉛筆も半分売って、
代わりにティア(2485)を購入しました。

(ピーターリンチもバフェットも今もっている銘柄より
もっといい銘柄を見つけた場合は売っても良いと言っています。)

さて、この会社、名古屋を地盤に急成長している葬儀屋です。

明朗会計と低価格のセット商品が最大の武器ですが、
社長自信、名古屋ローカルのテレビCMに出たり、
自分で書いた本が、2009年にはドラマ化が予定されているなど、
名古屋では、ちょっとした有名人です。

まだ出落ちしきっていないという理由から、
購入を見合わせていたのですが、

既存会館の売り上げ増などで
今月発表された前期決算が良い点、

南海電車と組んで大阪進出を伺うなど、
着々と全国展開をにらんでいる点などが、

ピーターリンチ型超成長企業の初期的な条件を
備えていると考えました。

不況が続くと、経済誌や経済番組も、
不況の深刻さを伝えるばかりでは芸がないので、

次第に不況に強い業種の特集を組んだりします。

その時に、必ず出てくるのが、この葬儀屋稼業です。

景気が悪くなったからといって、
この消費行動を延期するわけには行きませんもんね。

知っているようで知らない業種であるため、
マスコミ的にも扱いやすいでしょう。

その意味で、葬儀屋は典型的な不況関連銘柄といえます。

そうなると、この会社、結構目立ってますから、
番組に何度か取り上げられて
思わぬ人気化する可能性すらあります。
(想像の世界ですよ。言ったとおりにならなくても文句は受け付けません。)

ただし、社名は、ティア=涙 と
よくよく考えると馬鹿馬鹿しいところもあるのですが、

一般的な日本人は、
「ティア」という響きに透き通った切なさのようなものを感じているため、
残念ながら、葬儀屋の社名として悪くは無いですね・・。

これが、㈱涙葬々(ナダソウソウ)くらい馬鹿げていたら、
とっくにPER5倍以下だったのに・・・。

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

はい。そうですね。そのあたりが今週からのネタになります。
【2008/11/23 06:26】 URL | エナフン #-[ 編集]

こんにちは。ティアは私も注目していたのですが、拡大するには、財務内容が厳しくないでしょうか?
【2008/11/22 16:12】 URL | 投資家の南 #GHYvW2h6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/189-63496645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。