旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銀行の融資基準

借金をしている企業は、ほとんどそうですが、
まともに貸し剥しをされたら、ひとたまりもありません。

どんなに業績が良くても、即、心臓が止まってしまいます。

そういう意味では、ティアの将来も
銀行の判断次第なところがあります。

反対に、銀行側からすると、
この会社は今後も融資を続けてよい先なのか?
続けるべきではないのか?
常に判断していると考えてよいでしょう。

では、銀行はどのような基準で貸し出しをしているのでしょうか?

1.財務健全性
2.収益性
3.担保力(連帯保証)
4.社長(経営手腕)
5.透明性
6.取引先
7.評判やうわさ
8.その他

といったところでしょうか?

もちろん、これらの条件がすべてクリアしたところなら、
まず間違いなく貸した金は返ってくるでしょう。

けれども、そんな良い会社はアークランドサービスのように
銀行からカネなんて借りてくれません。

ですから、多少の問題は百も承知の上で、
それでも確実に貸した金が返ってくるように
十重二十重に条件をそろえて、精査して
貸し出しをしているわけです。

本来、銀行業務の社会的な存在意義ってそういうところにありますからね。

経営力や将来性はあるけれど、カネがない会社に
資金を融通して、社会の発展に貢献する。

それでは、少し詳しく見ていきましょう。

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/193-e3c44711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。