旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


評判やうわさ

同業他社や取引先、金融関係者などから
その会社の評判を聞き込み、融資根拠の一つとすることがあります。

良い評判ならポイントが上乗せされるのですが、
実際は、マイナスポイントとなることも多いようです。

「最近、右腕の専務が辞めた。」とか、
「社長は資金繰りに奔走している」
みたいな評判があれば、大きく減点ですね。

さて、いろいろ書きましたが、

このようにして、様々な融資根拠を一つ一つ点数化していくのです。
業績8点、財務状況3点、社長の経営手腕2点、・・・・・、うわさ-4点、
合計○○点と評価します。

その上で、
「トータルで50点だから、まぁ、貸し剥しは無いにしても
これ以上の融資はやめよう。」とか

「前回は48点だったが、今回は32点まで落ちてきたから、
融資は終了(貸し剥し)」とか

「トータルでは55点とまずまずだが、
 決算書を粉飾している可能性が高く、
 社長の人間性にも疑問があるので、
 融資はしない。」

みたいに判断していくのです。

また、この手のうわさの中でも特に深刻な情報は、
いわゆるブラックリストに載って、
瞬く間に金融界に流されます。

「○○社、不渡り1回目」とか、
「△△社、消費者金融で資金融通。(自転車操業状態)」とか、
「■■社、焦げ付き○○億円」
みたいな情報です。
(もちろん倒産情報も・・・。)

銀行によって融資姿勢や融資基準は様々ですから
一概には言えませんが、
なんとなくイメージは出来たのではないでしょうか?

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

世界の株価指数のページを作成しました。
リンクフリーなので、ブログでご自由にご利用ください。
【2008/12/04 12:23】 URL | 世界の株価指数 #UiX0IzIY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/199-70251c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。