旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週の結果発表

瀬戸内小島
昨日は瀬戸内のとある島に泊まって、
うまいもん食ってました。
イセエビ
年末はお酒を飲む機会も多く、ブログの更新が滞り気味ですみません。

さて、今週の結果です。
081205.jpg
当初購入した時点では、ここまでの世界経済の悪化は予想していませんでした。

それでも、低価格のとんかつやや葬儀屋は、問題ありませんが、

筆記具業界のほうは、
さすがにファンダメンタルズへの影響が大きく、
割安といえば割安ですが、悩みどころです。
(比較的不景気には強い業種ではありますが、それにしたって影響を受けるでしょう。)

とっとと売り払って、他に乗り換えたい気持ちもありますが、
じゃあ、どこ?

というと、どこもパイロットや三菱鉛筆と同程度かそれ以上に悪く、
本当にファンダメンタルズから買える銘柄が少なくなっていることに驚きます。

長期投資をうたってブログで公開している以上、
直感的な売買はヒンシュクですので
納得感のある銘柄を探し出したいものです。

巷では「歴史的な株価水準」と形容されますが、

世界同時不況のほうも、
結局、深刻なものになってしまいました。

2003年ごろの前回不況時も
結局こんな感じで、「本当に日本経済が復活するのか?」
半信半疑でした。

けれども、100円以下の株がゴロゴロ転がって、
笑ってしまえるほどだったので
「それにしたって安すぎるでしょ!!」
と突っ込んでいけたのですが、

まだ、あの時ほどは株価が枯れ切っていないような感じがします。

一方、ジャスダックやヘラクレスのほうは良い感じに映ります。

流動性という短期投資家にとっての天敵が、
全く異常なレベルまで株価を押し下げてくれました。

はっきり言って、枯れ切ってます。

そんな事いったら、2年ほど前から枯れ切り続けているでしょ!!
と突っ込まれそうですが、

これまでは、中国やベトナムなど、
もっと魅力的な投資対象が存在し、
そちらのほうに、本来ここに来るべきマネーまで
流れていました。

今、世界のマーケットを眺めてみて、
日本の新興市場ほど超割安で安定感があり、
成長性の富んだマーケットが他にあるだろうか?

ティアの財務分析が済んだら、
「徹底検証!!ジャスダックは復活するか!!」
みたいなことをやろうと考えています・・・。

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/201-f7e03e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。