旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週の結果発表

081213.jpg
米自動車ビッグ3の経営再建問題が再燃して、金曜日は下げましたね。

アメリカはこれほどの恐慌的な状況に至っても、
経済よりも道義や倫理的なものを優先する勢力が強く、
議会は、国によるビッグ3の救済を否決してしまいました。

ある意味、ちゃんとした国だからこそできることですが、

現在のように複雑に絡み合った経済構造の中で、
巨大倒産を連発させてしまうと、
倒産が倒産を呼ぶ連鎖が始まって、
本来生き残るべき企業まで破産して、
大恐慌に突入する可能性が高くなってしてしまいます。

このリスクを嫌気して、日経平均も週末に大きく下げたわけです。
つまり、またまた波乱相場(リスク相場)に逆戻りしました。


全く話が変わりますが、以前、コメントのところで、
サイゼリアのデリバティブによる巨大損失問題の話題がありました。

日経新聞にもこのことについては何度も記事が出ましたね。

結論から言うと、「プロでも予測は困難だった!!」
ということになっています。
(私もそう思います。)

もちろん、ALサービスのように、
そもそもデリバティブをやっていない企業への投資なら
そういうこともありませんが、
調べてみると多くの企業がリスクヘッジ目的に
多少はデリバティブを活用しているようです。

ちなみに、確かバフェットは、
「先物やデリバティブは違法にすべきだ!!」
と主張していたと思いますが、
(すみません。何に書いていたか?ちょっと忘れました。)
少し、彼の言っている意味が解りますね。

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ありがとうございます。
私とは正反対の投資法のようですが、目指すところは同じ方向を向いているようですね。
せっかくですから、リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
【2008/12/14 22:26】 URL | エナフン #-[ 編集]

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。
【2008/12/13 08:32】 URL | スキャルパー #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/208-88641750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。