旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


瓦落

日本相場師列伝(日経ビジネス文庫)によれば、
相場の下落を震度順に並べると

下落<急落<暴落<惨落<瓦落

の順で、最大級の下げを瓦落というそうです。

瓦落と書いてガラと読みます。

今の原油相場は、まさしく「瓦落」ですね。
140ドル以上したものが、30ドル台ですから・・・。
半年もたたぬうちに・・・。

ガソリンなんか、100円切っちゃいました。
(いったい、夏ごろのあの大騒ぎはなんだったんでしょう!!)

一方、日本の株式市場は、惨落あたりでしょうか?

ずっとホールドされた方(私も含めて)は、
惨めな感じがしますもんね。

最近は、ドルもそのうち、瓦落になるんじゃないか?
みたいな論調もあちらこちらで見えるようになりました。
(そう、10年前、円がそのうちクラッシュすると言われてたときのように。)

ところで、私の恩師、故蝋山昌一先生は、以前、こんなことを教えてくれました。

世の中で最も根拠薄弱な資産価値を有するものが、「マネー」である。

皆が「お金持ちになりたい」と、闇雲にマネーにあこがれているから、
価値が存在しているのであって、
皆が、「こんなの紙くずだ。」と思ってしまったら、本当に紙くずになってしまう。

人々の信じる心で価値が成り立っているんですね。

もちろん、みんなが信じることで、マネーはとても便利に働いてくれます。

もし、ドルが信じられなくなったなら、
おそらく同時にほぼ全てのマネーが誰からも信じられなくなるでしょう!!

そのときは、世界恐慌をはるかに超えるカオスです。

確かに、そろそろ世直ししたほうが良い国もあるようですが、
本当に現代人がそんな異常事態を受け入れるでしょうか?

AIGが潰れそうになっただけで、世界中が青ざめたというのに・・・。

まぁ、極論はいつの世にもあるものとして、
私は楽観主義で行かせていただきます。

さて、最近は、大型株に比べて小型株の方が元気ですが、
本格的な小型株相場は来るでしょうか?

金融相場と小型株相場。
これが私的には重要なキーワードです。

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓いつもクリック有難うございます。
banner2.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください。
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/217-c50be348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。