旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なかなか騰がらないという理由で売るな!!

こうなってくると、他の騰げっぷりに目が奪われ、
何で俺の銘柄だけ、いつまで経っても騰がらないんだ!!

と、思わずお宝銘柄を売ってしまう人がいるかも知れませんね・・・。

ただし、もし、その銘柄がファンダメンタルズから
堅実で有望と判断できる銘柄を所有しており、
(その内、良い銘柄と悪い銘柄の見分け方は再度やります。
話の流れから、先に注意点をやってます。)

中長期投資を考えているのであれば、
「騰がらない」という理由で売ることは、今は辞めるべきでしょう。

これまで取り上げてきた新興市場の地味系小型優良株は、
大抵の悪材料は織り込んでお釣りが来るレベルまで下げきってますから、
極端に業績が悪化して下げているのでなければ、
まずは、持ち続けることを、考えるべきだと思います。

と、いうのは、「騰がらない」理由には2つあって、
①大口が相場を抑えながら玉集めをしている場合と、
②まだ、テーマから少し外れている場合と
が考えられるからです。

①の場合であれば、何かのきっかけから、
大口の思い切った仕掛けが入り、
急暴騰する可能性がありますから、
絶対に売るべきではありません。

これも以前の記事で恐縮ですが、
株価を押さえ込みながら玉を集める方法を再掲しておきます。

獅子の居喰い
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-166.html

②の場合も、このご時勢に、業績が悪くないのであれば、

きっと、不況に強い銘柄として、どこかのタイミングで、
誰かが掘り起こしてくれるはずです。

↓いつもクリック、本当にありがとうございます。
banner_party.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/229-b109e591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。