旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんな心理を利用するのか?

心理学戦法については、既に存在していることは知れ渡ってきましたが、
具体的な手法を広く教えてくれる書物はほとんどないと思います。
(以前、株雑誌のZaiがちょっと取り上げていたような気もしますが・・・。)

仕方ないので、私がヘッジファンドが巣食っているいくつかの銘柄を注視した時の
経験からご説明します。

彼らが狙う人々の心理は以下のようなものだと思われます。

①希望(冷静さを失い、強気になりすぎる傾向)
②がっかり(希望を失い、つい、誤った行動をしてしまう傾向)
③じれったい(長くジラされると、諦めてしまう傾向)
④恐怖(恐れを強く感じると、冷静な判断ができない傾向)
⑤あせり(早く決断しないと、何かを失ってしまうと思う傾向)
⑥パニック(完全に我を失って、判断を誤る傾向)

例えば大量の玉を買い集めて勝負する場合には、

有望な銘柄なので、人々が①希望をもって買い進もうとすすと、
一旦は売り浴びせ、②がっかりして売ってしまう玉を拾い集めます。
(このことを「振るい落とし」といいます。)

彼らの時間軸は相当長く、平気で半年とか1年とかという単位で
売ったり、買ったりを繰り返しながら、玉を集め続けます。(③じれったい)

そして、それまでの材料とどれほども差のない材料にも関わらず、
突如、仕掛け的に買い騰がるのです。
(どういうわけか、時を同じくして、新聞紙上等で話題になる。)

あまりのスピード感に、早く買わないと乗り遅れる⑤あせりから、
多くの人が飛び込んできたら、

さらに①希望を持たせるように、勢い良く買い上がり、

すっかりワッショイワッショイとなった頃には
今度は相場を崩さないように、上手に売り抜けていくのです。


売りの場合はどうでしょう。

悪材料をつかんだら、人々の①希望を打ち砕かないように、
株価を下げることなく、コツコツと売り玉を乗せていきます。
(もちろん、一方的に売るのではなく、ちょっぴり買い騰がりながら、たくさん売り乗せる。)

どういうわけか?希望を抱くような情報が巷に流れる・・・。

そして、狙っていた悪材料が出たら、ここぞと勝負をかけます。

おそらくゴールドマン・サックスが売り仕掛けたと思われる銘柄の場を
見ていたことがあるのですが、
(ゴールドマン・サックスは証券会社ですが、当時、最強のヘッジファンドと謳われていた。)

次々と押し寄せる見たこともないような巨大な売り板(たぶん見せ板)と
そのスピード感に本当に驚いてしまいました。

まさに④恐怖を感じさせる仕掛けで、
あっという間に10%以上も売り込んで行ったのです。

その後、⑥パニック的な売りが出て、
彼らが反対売買を成功させたことは言うまでもありません。

彼らが買い集めている間は、ずっとやや下向きのチャートでしたし、
彼らが売り乗せている間は、ずっと良いチャートでした。

この一連の観察から、
「もはや、チャートやテクニカルは、旧式兵器だ。」
と確信した次第です。

もちろん、「仕掛け」は違法行為なのですが、
じゃあ、どこからが「仕掛け」で、どこからが、「合法的な売買なのか?」
といわれると、あいまいな部分も多いし、
ちょっと考えるとすぐわかるような抜け道もあるようです。

↓本日もクリックよろしくお願いします。
banner_party.gif
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

のっぽさんは人間の心理はご専門でしたね。私の稚拙な解説にも関わらず、いつもありがとうございます。
【2009/01/19 22:23】 URL | エナフン #-[ 編集]

僕は基本的には小型株主体の運用を行っているので、あまり深く考えたことはなかったのですが、今日の記事も学ぶところが多いです。何より読んでいて、すごく面白いです。

ヘッジファンドが何をしているのかを学ぶことができました。
【2009/01/18 23:06】 URL | のっぽ187 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/237-80699546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。