旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スクラップ&ビルド

企業が大きな損失を出したにもかかわらず、
株価が大きく上げることがあります。

この時のキーワードは、決まって「負の遺産」です。

もし、その損失がダメダメ事業からの赤字垂れ流しであれば、
まず、株価は騰がりません。
「負の遺産」をまだ背負っている状態といえるでしょう。

一方、大赤字は苦しいものですが、
思い切って「負の遺産」を処分することによって発生した赤字であれば、
「今後は良くなる!!」と、マーケットは好感して、株価も騰げ出すのです。

それでは、質問もありましたので、もう少し詳しくALサービスの決算を見てみます。
今回のALサービスの決算はなんと言っても「負の遺産」がキーワードですからね。

今回、ALサービスは思い切って、1億円以上の特別損失を
処理してきました。
これも、第3四半期の決算短信と通期の決算短信を比較することで解ります。

一つ前の第3四半期決算の損益計算書から、特別損失をみると、
AL第3四半期特損
24百万円ほどの特別損失ですね。

コレに対し、今回発表された損益計算書をみると、
ALサービス決算特損
143百万も特別損失が出ています。(その差119百万を第4Qに処理したわけです。)
その最大の原因が店舗閉鎖損失というのも解りますね。

では、どういう店舗を閉鎖したのでしょうか?
月次速報を見ると年末にかつやの店舗数が1店舗減っているのが解ります。
決算前でもちょっとは特損が出ると睨んでおかないといけませんね。
けど、1店舗で1億もの損は出ません。

よく読むと、決算短信の中にちゃんと説明がありました。
ALサービス特別損失理由

アンダーライン1のところに書いてますね。
なんと、この会社、当年度中に挑戦した新業態の「とん彩や」や「岡村屋」を処分しています。
減価償却なんてどれほども済んでいませんから、大きな赤字が出るはずです。

コレは大変な決断ですね。

普通はもう何年か様子を見て、結局赤字がかさんで「やーめた!!」となるのですが、
1年も経たないうちに、とっとと見切りをつけてしまいました。

アンダーライン2をみると、
今後の新業態展開は当面、てんぷら一本で行くみたいです。

ここに限らず、スクラップ&ビルドというのは、外食では超重要な戦略の一つです。
悪いところはサッサとやめて、いいところに力を入れる。
(株でもそうですよね。いくら長期投資家といっても、ダメだと解っているのに、
その会社の株をいつまでも持っていたのでは、まず勝ち組には入れません。)

ですから、ある程度外食を解っている人間が今回の決算をみると、
「この会社、なかなかやるな!!」と判断できるのです。

決算報告では、何もかも本音で書くわけにはいきません。
けど、数字と文章を見比べれば、何が言いたいのかはある程度わかりますよね。

あえて、今回の決算を私なりに読み替えると、こうなります。

「これまで、(とんかつへの集中依存はリスクが高まると考えて、)
新業態をいろいろ検討してきましたが、正直、うまくは、いっていません。
一方、ここへ来て、不況の追い風を受けて、主力の「かつや」はメチャメチャ儲かり始めました。
こうなったら、他をやってる場合じゃありません。
儲かっている「かつや」に全力投球で行きたいと思います。
1億の特損は痛かったけど、いつまでもダメな仕事をやる気はありませんから、
トットと止めときました・・。
その辺は株主さんもご理解ヨロシク!!
まぁ、一応、新業態専門の部隊もいますので、
その連中には(まだマシな)てんぷらでもやらせておきます。
という事で、今期は期待しちゃってください!!」
と、なるのです。

もっとも、短期投資中心のマーケットがどう反応するかはわかりません。

仮に、今、私が書いたような内容が正しかったとして、
それがマーケットに広く認知されるのは、
例えば次の四季報が出てからだったりしますから・・・。

>がくさんへ、ご質問の回答はこんなもんでいかがでしょうか?

↓ALサービスの株主の皆様ありがとうございます。
↓おかげさまで2位キープです。
↓本日もくりっくよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください 
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

こんばんは。
丁寧なフォロー、ありがとうございました。
こちらのブログは初心者向けとのことですが、
私自身も昨年夏に株を初めた初心者。
初の本決算を期待や不安の中で迎えましたが、
おかげさまで雲が少し晴れました^^

余談ですがモーニングについて、
>トン汁と生卵と漬物でしょう。
豚汁大を頼むと、たまに具をテンコ盛りにしてくれる時があるのですが
その度に「カツ要らないじゃん」と思うんですよね(笑
これにライスと、無料の漬け物があれば充分!
あとは海苔でも持ち込もうか、と。

それと前からずーっと思ってたのですが、
せっかく茹で麺機があるのですから
「とん汁うどん」やってくれないですかね~
あのとん汁、ちょっと濃いめに味付け変えれば、
うどんとも相性が良さそうだと思うのですが。
朝に限らず、ちょっとカツじゃない気分の時や
女性やお年寄りにもウケそうな気がします。
値段も¥350-くらいでできないかな?^^

長々と失礼しました。
コレからもよろしくお願いいます!
【2009/02/15 21:11】 URL | がく #-[ 編集]

>不採算部門を思い切りよく切り捨てたと解釈した方が良いのでしょうか?
この会社は、12月末に大量3店舗の出店も敢行しましたね。
同時に不採算部門も切り捨てる。
目先、カネがかかることは、出来る限り2008年度中に終わらせたかったのです。
理由は、2009年度の利益を少しでも大きくするためだと考えます。
2008年度を足固めの年として、(言葉は悪いかもしれませんが、)捨てたんですね。
(実は私自身の事前の読みもこうなる可能性大だと考えていました。
それで、このブログでも、「四季報並みかな・・・」とちょっとだけヒントを出しておいたわけです。)

といっても、最終決算数字は、今までこの会社を知らなかった人が見て、
印象の悪いものではありません。ちょっと調べようという気にさせるレベルです。
それなりのプロが調べれば、この会社の狙いは充分理解するでしょう・・・。
急上昇はありませんでしたが、ジワジワくると思います。

> 素直に「堅い」とだけみるべきか、また今回のようになるのか?
> イタリアンとフードコート一斉撤退!なんて、まさかですよね^^;
私は、前者の立場です。
ただ、不況が底割れするなど状況が変化すれば、
そういうこともヤル会社だと認識しておいたほうが良いでしょう。

> 「消費者のとんかつに対する嗜好の変化」というリスクヘッジを謳う一方で
> 新業態は天ぷら特化。更に揚げ物をぶつける気か!?
> てんぷ亭の立場は???
「てんぷらでもやらせておく」くらいに軽く読み流すべき文章ですね。

> それにかつやモーニングって初めて聞いたのですが、
> 朝から何食べさせてるのでしょうね? (笑
たぶん、トン汁と生卵と漬物でしょう。
今ある食材でそのままいけますモンね・・。
【2009/02/15 07:15】 URL | エナフン #-[ 編集]

こんにちは。
ご丁寧に丸々1話を割いての解説、感謝、感謝。
本当にありがとうございました。
おかげさまで疑問もスッキリ!...の一方で新たな疑問も^^;

つまりこの店舗閉鎖の1億の特損が無ければ、
予想を上回る二ケタ大幅増益も可能だったということですよね?
会社予想はこの事を見越して、最終益を低く見積もっていたのでしょうか?
それとも思った以上に儲かったので、不採算部門を思い切りよく切り捨てたと解釈した方が良いのでしょうか?

それに21年12月期予想について、この純利益4.38億というのは、
大きな特損さえ無ければ既に前期20年度で達成している数字ですよね?
素直に「堅い」とだけみるべきか、また今回のようになるのか?
イタリアンとフードコート一斉撤退!なんて、まさかですよね^^;

「消費者のとんかつに対する嗜好の変化」というリスクヘッジを謳う一方で
新業態は天ぷら特化。更に揚げ物をぶつける気か!?
てんぷ亭の立場は???
それにかつやモーニングって初めて聞いたのですが、
朝から何食べさせてるのでしょうね? (笑

疑問ばかり消化できずにグルグル回ってます。
【2009/02/15 01:14】 URL | がく #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/259-2817ddb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。