旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


経済学は歳をとるに連れて使えるようになる

私は大学時代、当時、金融証券論の権威であった故蝋山昌一先生に
証券理論の基本をたたき込まれました。

私は学生時代の前半は、ギャンブルやサークル活動に明け暮れていましたので、
勉強なんてまるでしませんでした。

で、たまたま自分の大学にそんな株の偉大な先生がいると知り、
思い切ってその先生のゼミを取ったところから、人生が少し変わり始めたのです。
(その後、ずっと株を続けながら、ピーターリンチを知り、
 昨日書いたとおり、本業でやたら経営者と会う機会が増え、
 大原で経営の勉強もして、
 ついでに労働組合の執行委員長なんかもしたものですから、
 いつの間にか企業というものを、実体験を通じて
 上から下まで、それなりに理解できるようになりました。
 そんな私の強みを活かす投資法が長期投資というジャンルだと思うのです。)

卒業するときに、その先生がこんなことを言ってくれました。

「卒業しても、君たちが学んだ経済学や証券論なんて、すぐには使い物にならないだろう。
 ただし、10年後、20年後、管理職になり経営者になっていけば必ず役立つ代物だ。
 君たちの未来に期待してるよ。」

最近、「本当にそうだ。」と思えるようになってきました。

ピーターリンチは、アメリカの義務教育に「投資」というジャンルがないことに不満なようですが、
日本においては、それ以上に、投資や経済についての知識がなさすぎるような気がします。

まるで、株をやるのも、競馬するのも、マージャンするのも、同じ扱い・・・。

今は金融危機と大不況の真っ只中ですが、
経済や株が自分の人生にメチャメチャ影響を与えることがわかりつつあるこういう時こそ、
人々が投資や経済の勉強をする大チャンスだと、つくづく感じる次第です。

【バフェットの教訓(徳間書店)No.109】
消えゆくバブルと、待ち構える針。
このふたつが出会ったとき、
投資界のニューウェーブたちは昔ながらの教訓を学ぶ

↓本日もくりっくよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

>投資家が、社会的地位を得る様な社会になってはその国はダメになる様な気がしてなりません。
うーん。調べてみると、アメリカが輝いている時は、彼の国の方々も株式投資をギャンブルと見ていたようです。
考えれば考えるほど、株はギャンブルのような気がし始めました。
一度、「株はギャンブルか?否か?」みたいなテーマ、やってみたいと思います。
【2009/02/16 17:50】 URL | エナフン #-[ 編集]

>まるで、株をやるのも、競馬するのも、マージャンするのも、同じ扱い・・・。

日本はこれでいいんじゃないかと思います。
株で儲けようとするのがバカにされるくらいの社会の方が、健全だと思います。
その理由は、「株は儲からない、汗水垂らして一生懸命働け。」という風潮が日本の製造業の強さの一因かもしれないとさえ思います。
投資というものの理解が進み、投資家が、社会的地位を得る様な社会になってはその国はダメになる様な気がしてなりません。
トヨタ、ホンダ、任天堂、松下等の企業があったからこそ今の日本経済があるのではないでしょうか?
【2009/02/15 12:31】 URL | 小沢 #-[ 編集]

>日本においては、それ以上に、投資や経済についての知識がなさすぎるような気がします。

全くもって、同感です。高校の時点で理系を選んだのですが、以後、投資について勉強する機会は全くありませんでした。

>まるで、株をやるのも、競馬するのも、マージャンするのも、同じ扱い・・・。

僕の周りも、そんな感じですね。

こうして、気が向いたときに、ブログを読みながら楽しく勉強できるのですから、本当に有難いことです。
【2009/02/15 11:14】 URL | のっぽ187 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/261-486b5e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。