旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本命=大穴バイアス

経済学の世界でも、ギャンブルというものを分析することで、
人々の心理を正しくとらえようという試みがずいぶんなされてきました。

例えば、競馬のオッズ。

あれって、非常に多くの人々が馬の実力を分析した結果が
数字となって反映されています。

そういう意味では、株に似てますよね。

株価も非常に多くの人の分析結果ですから・・・。

ただ、競馬のほうが株式よりも、よっぽど人々の予想は当たっていると考えられています。

例えば、単勝倍率1倍台の超本命馬券ばかり買い続ければ、
回収率はほぼ100%となります。

超本命馬に対する人々の予想は、かなり正しいといえるのです。

競馬はせいぜい18頭の比較分析で済みますから、
圧倒的に強い馬が存在する状況で、
一番の馬を当てるのは、それほど難しい作業では無いのかもしれませんね。

けど、株式の場合は、四季報にあるだけでも4000頭立てのレースです。

当然、そんなにたくさんの馬(企業)を穴のあくほど分析することはできませんから、
メチャメチャ走る馬(企業)が、超低評価に放置されることもしばしば起こるのです。

ところで、超本命馬券の回収率は100%と予想精度が高いと言いましたが、
例えば、単勝倍率30倍台のような、大穴馬券を買い続けるとどうなるでしょう?

実は、回収率は非常に悪くなります。

一般的に知られている「本命=大穴バイアス」というのがあって、
本命ほど回収率が高く、反対に、大穴になればなるほど、
回収率は低くなるのです。

高い倍率に目がくらむんでしょうね・・・。

また、一発逆転の夢を買っているだけ・・。
ともいえるでしょう。

==========ここから先は競馬に興味のある人だけ=============

じゃあ、やっぱり、競馬で勝とうと思ったら、本命党じゃなきゃだめなのか?

と、いうと、実はそうでもありません。

もう10年以上前になりますが、この本命=大穴バイアスが、
日本の競馬界でも成立するのか?
競馬年間のデータを1年分パソコンに入力して分析したことがあります。

すると、概ね「本命=大穴バイアス」は成立したのですが、
どういうわけか、単勝倍率10倍付近(8~12倍くらいだったかな)の回収率が
100%を大きく超えたのです。

そのときの私の分析はこうです。

10倍付近の馬に乗っている騎手は、本命や対抗馬に乗っている騎手に比べて
精神的なプレッシャーを受けにくい。

そのため、本命や対抗馬に乗っている騎手に比べて大胆な戦略が取りやすい。
(例えば、大逃げや最後方からの末脚勝負など、本命馬が取りにくい戦法をとりやすい。)

その結果、人々の予想以上に1着に入賞しやすく、回収率が100%を超える!!

まぁ、10年以上前の分析ですから、今どうなってるか知りませんよ・・・。

興味のある方は、一度調べてみては?

また、【市場と感情の経済学(リチャード・H・セイラー ダイヤモンド社)】によると
ハウシュ=ツィエンバが1986年に開発したテクニックは、
連勝単式馬券において、1番人気馬に総流しする馬券を買い続ければ、
非常に高い回収率が得られるそうです。
(1番人気馬から総流しではありません。1番人気馬に対して総流しです。)

これも古い研究ですから、今は修正されているかもしれませんし、
日本では成立しないかもしれません。

けど、たぶん、私の研究もハウシュ=ツィエンバの研究も、
今でも通用すると思いますよ・・。

株式同様、人々の予想には妙な穴がありますからね・・・。

↓本日もくりっくよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/268-4511da7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。