旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


分散投資は有効か?

さて、今回からは、分散投資について考えたいと思います。

私自身も分散投資をしています。

日本株式40%
個人向け国債40%
その他ドル建て保険など20%

みたいな感じです。

外国株や外国株で運用されている投信はほとんど持っていません。
自分の強みが活かせないからです。

数年前、国際分散投資が盛んに推奨された頃も、
国際分散投資をするくらいなら、
国際的に展開している日本の企業の比率を高めたほうが、
理解できる範囲で、世界成長を享受できると考えました。

私はわからない物に投資するのが一番嫌なのです。
たぶん、バフェットやピーターリンチの影響でしょう・・・。

個人向け国債の比率が高いのは、
うちの奥さんの性格が反映されているのと、
株で大きく勝ったときに、
いったん個人向け国債に引き揚げるようにしているからです。

あれって、微妙に手数料を取られるし、
微妙に手続きが面倒なので、
買って1~2年は解約する気が起きにくいのがミソです。

ほっとくと、全部株に突っ込む性格だし、
大きく勝てた後は、大抵、負けが込む自分の性格に対するリスクヘッジです。
(たぶん、自信過剰になって、自分を見失うのでしょう・・・。)

また、わざわざ、証券会社から、資金を銀行に引き揚げて別口座で運用しています。
これも、面倒くさいほど自分の暴走を止められるし、

証券会社だと1千万円でも小銭扱いですが、
銀行だと、支店長が挨拶しにきたりで、
株で勝ったことが実感できるからでもあります。

「オレって、大金を手に入れたんだ!!」

もっとも、そこでつい銀行の口車に乗って、
訳のわからない保険や投信をお付き合いで買ってしまうのは
私の弱点ですが・・・。

そして、株式投資については、1~3銘柄に集中投資をするのが、
私の投資スタイルです。

仮に集中投資が裏目に出て、株式部門が全滅したとしても、
国債や保険が残れば、人生が大崩れすることはありません。

幸いにもこの投資スタイルが、今回の暴落局面では、強みを発揮しました。

おかげで心に余裕を持って、ブログが書けるのです。

↓いつもクリックありがとうございます。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

> 勝った後なのか、
> 負けた後なのか、
2007年4月までは鉄鋼、不動産で大勝利でした。
(いつもいつも小型株投資をしているわけではありません。)

それで、自分に対するリスクヘッジで、
300万円程度を株式市場に残して全面撤退しました。
(自分自身ちょっと有頂天な感じになったものですから・・・。)

そして、充分下がったと読んで、2008年3月から、
撤退しておいた資金を順次、株式市場に投入。
総金融資産の40%まで株式比率を高めています。

結果はご存じの通り、リーマンショックに巻き込まれて、散々でしたが、
幸い、現在のところ、15%程度の含み益が出ています。
【2009/03/08 20:25】 URL | エナフン #-[ 編集]

>大きく勝てた後は、大抵、負けが込む自分の性格...

現在のエナフンさんは
勝った後なのか、
 負けた後なのか、

皆さん気になるのでは?(笑

すいません、余計な一言ですm(_ _)m
【2009/03/07 15:54】 URL | がく #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/277-1bba89ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。