旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんなと同じ分散って、分散といえるの?

貯蓄から投資へ

この掛け声のもと、都銀も地銀も一様に、
窓口での投資信託の販売を強化しました。

では、大手都市銀行である三井住友銀行で過去3年以内に
投資信託を買って、今まで保有した場合、
いったい、どうなっていたでしょうか?

↓クリックしてください。
http://www.smbc.co.jp/kojin/toushin/kijun/index.html

やれやれ、戦後の焼け野原のようですね。

「ご注意ください!!
投資信託には元本割れとなるリスクがあります」

という注意書きがさみしい限りです。

「そんなこと、見りゃ分かる!!」

どうやら、100年に一度の金融危機の前には分散はあまり意味がなかったようです。
(ちなみにみずほも三菱UFJも似たようなもの・・・。)

けど、私、似たような光景、過去、何度も見ましたよ。

ITバブル崩壊に世界同時テロが重なった時もそうだったし、
バブル崩壊から金融危機への失われた10年もこんな感じでした。
(ただ、今回は、規模が全世界規模になっただけで、
窓口で売られている投信のマイナス比率はこんなもんだったような・・・。)

とにかく、過去、銀行や証券会社が声を大にして、
勧めてくれる金融商品に
その後うまくいく商品なんてどれほども無いんだから・・・。

だいたい、分散、分散って言ったって、蓋を開ければ、
どれも似たようなラインナップ。

さらには、外国株、日本株、外国債券、日本債券に分散してるって言ったって、
売る方は、みんなに同じ投資法を勧めているんだから、

結局、みんな似たようなセット商品を買って
分散している気になってるだけじゃないだろうか?

みんな同じもの持って、同じように行動してるのに、
本当に、それって、分散って言えるの?

↓いつもクリックありがとうございます。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

いえっ、塩カツ定食は食べましたが、
丼の方はまだです。

あれ、うまいっすよね!!

胡椒が効いてて、ヤミツキ系です。

また、これ食いたい!!
これ、ここでないと食えない!!

この二つの条件がそろえば、
当分OKです。

外食株は・・・。
【2009/03/10 23:49】 URL | エナフン #-[ 編集]

先日はお返事ありがとうございました。
ほんの冗談のつもりだったのですが、
マジトーク、恐縮です。

ところで話はまーったく変わりますが、
エナフンさんは季節メニューの塩カツ丼、
もう食べられましたか?

あぁ、こうして書くだけでヨダレが...(笑
【2009/03/10 21:16】 URL | がく #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/280-86f5128f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。