旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よく見る悪い分散の例

別に私はこのブログで、分散を全否定するつもりは毛頭ありません。

ただ、ここ数年、銀行や郵便局の窓口で勧められた「分散」には、
ずいぶんおかしな例も多かったのです。

たとえば、これまで100%預金運用してきたお年寄りに
次のような国際分散投資を勧めたとしましょう。

25%個人向け国債
25%日経平均連動型投信
25%グローバルソブリンオープン(外債のオーソドックスな投信)
25%米国株投信

一通りの勉強をした人なら、
一見、理にかなったポートフォリオに見えますね。
むしろ健全にすら見えます。

では、それぞれの10年チャートを見てみましょう。

個人向け国債は別にして、まず日経平均
日経平均10年チャート
今回は100年に一度と言うけれど、前回も負けず劣らずひどい下げです。

次にグロソブ
グロソブ
この5年、日経と連動しているようにしか見えませんが・・・。

そして米国株(三菱UFJ米国株オープンAという投信です。)
三菱UFJ米国株オープンA

おやっ?何かの間違いでしょうか?

日経とどう違うの?って感じです。

もし、投資信託売るためのホームページで、
卵を一つのカゴに入れないように説明するなら、
もっと別なポートフォリオを勧めるべきじゃないの?

だから、

「分散」って、銀行の窓口で投資信託売るための詭弁なんでしょ!!

って、言いたくなるわけです。

もっとも、会社から「こう説明しなさい」ってにわか仕込みで
教育を受けた窓口担当を責めるつもりもないのですが、

「分散」教える前に、
ファンダメンタルズとファンタオレンジの違いを教えた方がいいんじゃないの?

↓いつもクリックありがとうございます。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

>エナフンさんのブログは解りやすく非常に勉強になります^^
ありがとうございます。
最近は随分沢山の方に読んでもらえて本当にうれしく思っています。

> 最後なんて・・・・orz
すみません。言葉が足りませんでした。
このブログが最後ではありません。
金融機関批判を最後にしたかっただけです。

ブログを使って形成される私の人格は、
言葉だけで構成されているので、
本当に言葉の使い方には気をつけないといけませんね。
【2009/03/13 23:34】 URL | エナフン #-[ 編集]

ブログですから語るのは自由です!
共感できるなら拍手!
意見あればコメすればいい!

私は分散投資=国際分散と思い込んでいましたので、かなりドキドキしながら楽しく読ませていただいていただけに『普通の投資家』さんのコメントは残念でなりません。

横レスすみませんでした。エナフンさんのブログは解りやすく非常に勉強になります^^
最後なんて・・・・orz
【2009/03/12 22:19】 URL | 2391 #-[ 編集]

〉何をひとりで熱くなっておられるのですか?
それも、そうですね。

もう少し書こうと思っていたこともあるのですが、
次で最後にします。
【2009/03/12 05:10】 URL | エナフン #-[ 編集]

分散投資を目のかたきにして、何をひとりで熱くなっておられるのですか?
エナフンさんの持ち株をチャートで表してみてください。
案外、日経平均とたいして変わらないのでは?
【2009/03/11 23:48】 URL | 普通の投資家 #THQoKXAA[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/282-88e8470e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。