旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安全?成長?それとも両方?

あなたは資産運用にあたって何を重視するでしょうか?

リスクを取って大きく成長させたい人も多いでしょう。

年をとってくると、成長よりも安全確実が最優先な方も増えてくるでしょう。

結局、その人の資産状況や考え方によって、
投資対象のバランスは異なるものの、

究極的に根拠となるものは、「成長と安全のどちらに比重を置くか?」
ということになります。

中にはモノ好きもいますし、社会正義や道徳的基準を根拠にされる方もいますので、
危険かつ成長性のないものに、あえて投資する人も、多少はいらっしゃるでしょうが、

普通は、
①安全重視で、ローリスク・ローリターンか、
②成長重視で、ハイリスク・ハイリターンか、
③厳選に厳選を重ね、ローリスク・ハイリターンを発見するか、
(注:このブログは「マーケットは合理的ではない」ことを一貫して訴えています。)

これが、投資(投機)の王道中の王道であり、
もちろん、国際分散投資においても、
この考え方を基準におカネが動いていると考えられるのです。

【エナフンの法則5】
おカネは安全なところか、伸び行くところに集まる。
逆に危険なところや、伸びないところからは逃げ出す。

当り前って言えば、当り前ですね。

けど、長期的には、この考え方にそって為替が動いていると考えると、
かなりスッキリ感があり、
最近の私はそういう風に為替の動きを見るようにしています。

最近の経済学者がどのような為替理論を提唱しているか?
不勉強な私は存じ上げておりませんが、

ひょっとしたら、まだ、このような考え方に名前が付いていないかもしれませんので、
念のために、私のほうで命名しておきます。

「成長安全基準説」

とでもしておきましょうか・・・。

↓東京に3日ほど出張していました。
↓気を抜くとすぐランクが下がりますね・・・。
↓ライバルは手ごわい。
↓本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

> 大変、感謝しています。
こちらこそ、私の稚拙な文章をいつも読んでいただき、
誠にありがとうございます。
【2009/03/22 16:33】 URL | エナフン #-[ 編集]

>【エナフンの法則5】
おカネは安全なところか、伸び行くところに集まる。逆に危険なところや、伸びないところからは逃げ出す。

非常に参考になりました。
何となく、「そうかなあ。」と思っていることをはっきりと言葉にして頂けると、物を考える際、大変、役に立ちます。

家に居ながらにして、こういった大事なことを教わることが出来、大変、感謝しています。
【2009/03/22 09:59】 URL | のっぽ187 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/290-f49f4ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。