旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


期待値と実力のギャップ

昨日の私の記事を読むと、ALサービスのホルダーさんの中には、
少し、がっかりされた方もいるかもしれません。

「新業態に取り組みさえしていなければ・・・。」

私もそう思います。

けど、適切に経営陣が対処しさえすれば、
上昇の時期が遅れるだけで、あまり問題ではありません。

いつもの私の落書きで恐縮ですが、
ALサービス09年予想
こんな感じです。

新業態については、新規出店コストやアルバイト確保、広告宣伝費
(昨日は書きませんでしたが、これもすごい増加)がかさんだ上に、
全面撤退で、特損を1億以上出したわけですから、
どう少なく見積もっても、1億以上は、この関連で利益を押し下げているのです。

正直言って、私も昨年この株を買ったときには、
「2008年度は、1株当たりの利益が2万円を切ることはないだろう・・」と
目論んでいたのですから・・・。

ただし、この程度の失敗は積極的な企業であれば、当然起こりうるレベルです。
もし、こういう失敗をしない企業ばかりでポートフォリオを組まれたら、
パフォーマンスは極端に悪くなるでしょう・・。

少々失敗を繰り返しながらも、新しいことにチャレンジする企業。

こういう企業でないと、良い経験は積めませんから、将来の競争力に差が出ないのです。

もっとも、従業員82名の会社で、昨年の取り組みは、確かに「やり過ぎ」感はありますね。
(2009年度のように)対象を絞って、経営資源を集中させないと、
うまくいくものも、うまくいかないでしょう・・・。
(どうやらこの会社もそれに気付いたようです。)

そう考えると、現時点で、この会社のストーリーをチェックする場合には、
主力の「かつや」の業績はもちろんですが、

新業態に関して、
①もう、膿は出し切っているのか?まだ、残しているのか?
②今後の新業態へのチャレンジは成功確率が高いのか?投資額は大きすぎないか?

というところが重要になってきます。

幸い、2009年度の計画を見ると、
ずいぶん前から取り組んでいる「てんぷらや」を3店舗増やすだけですから、
②については、2008年度のようなことはなさそうです。

①については、なんとも言えませんが、
2008年第4四半期に一気に1億以上特損を出して撤退を完了させたことから、
「膿は大きくは残っていないだろう・・・。」

私はそんな風に考えています。

↓本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

> 飲食店は1つの場所を長く使ってこそ利益が上がるビジネスモデルですからね~。
必ずしもそうとは限りません。
うまくいかないケースでは、開店直後~数ヵ月後に来場数のピークが来て、
次第に右肩下がりになっていくことの方が圧倒的に多いです。

ダメと分かれば、サッサとやめる「スクラップ&ビルド戦略」は、
多店舗展開が可能な大型の外食企業においては定石ですよね。

たぶん、半年やってみて、それ以上頑張ってみるまでもないほど、
明らかにダメだったんでしょう・・・。

>かつ丼は美味いけど経営が上手い会社じゃないなーと。
少人数でやっているので、多角化は明らかに多悪化につながります。

まぁ、早い段階でそれに気づいたようですので、
良かったんじゃないでしょうか・・・。

うがった見方ですけど、IPOしてカネが入ったら、
「ちょっと変わったことにチャレンジしてみよう」
などと考えていたのでしょう。

確かに、この会社の経営には若い会社特有のチグハグ感があります。
けど、ど真ん中部分のストーリーは、非常にいいものがあると考えています。

もし、自社の強みを生かしきれず、変な方向に進みだしたら、
私もサッサと売るつもりですが・・・。

>それも安値放置されていた理由なんですかね?
ダイヤモンドダイニングもずっと安値放置されていました。
経営力うんぬんという世界ではないと思いますよ。

人気だけで勝負している極めてレベルの低い短期トレーダーが、
IPO企業に殺到し、しかし、ブームが過ぎるにつれて、
信じられないくらい株価が下落する珍現象「出落ち」が主因だと思います。

ファーストリテイリングも含めて、
ほぼすべての小売・外食新興企業が受ける洗礼のようなものであり、
長期投資家にとっては最大の投資チャンスだと考えます。
【2009/04/25 21:09】 URL | エナフン #-[ 編集]

でも何で撤退しちゃったんでしょうか?
僕が経営者だったらまずは利益が上がりやすい『かつや』に業態転換させてみて、それでもダメなら立地条件のマーケティングの間違いを認めて撤退するのは分かりますけど・・・いきなり撤退は有り得ないですよね。飲食店は1つの場所を長く使ってこそ利益が上がるビジネスモデルですからね~。かつ丼は美味いけど経営が上手い会社じゃないなーと。それも安値放置されていた理由なんですかね?
【2009/04/25 15:19】 URL | ロックオン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/301-c533461d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。