旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイヤモンドダイニング

ここへきて、底値から4か月で5倍高を達成したお化け銘柄が、
外食セクターの小型株に登場しました。

ダイヤモンドダイニング(3073)です。
ダイヤモンドダイニング5倍

実は今から10年前、日本が深刻な金融危機からやっと立ち直ろうとしつつある
1998年から1999年にかけて、
小売・外食セクターの小型株が軒並み10~50倍を達成したことがあります。

しまむら10倍、
ファーストリテイリング53倍、
ゼンショー18倍、

などなど・・・・・・

実は今、本当に当時と似た環境になってきました。

勝ち組と負け組がはっきりし、
他が総崩れの中、
元気印に資金が集中するために、
極端な急上昇が起こるのでしょう・・・。

ALサービス(3085)も今日は戻り高値を突破し、動きが違ってきました。
ALサービスチャート0410

価格帯別出来高を見ても、150000円くらいすぐ行きそうです。

ところが、もし、首尾よくその辺まで上昇したとして、
そこからが、この手の小型株の急上昇時に現れる珍現象が発生します。

通常、上のような価格帯別出来高をみると、
伝統的なチャート理論を知っている人は、
その辺が壁となって、
いったん上昇は停止すると考えるのが普通です。

ところが、ダイヤモンドダイニングの例でもわかるように、
壁に突入するとますます元気が出るのです。

これは、この手の小型株のネックは出来高にあり、
壁にぶつかって、出来高が増えることで、
かえって買いやすくなるのです。

ALサービスの実力分析をすると、
ALサービス分析0410
企業規模だけがネックなのが分かります。

企業規模は通常、
時価総額と出来高で判別されるため、
株価が上昇して時価総額が増え、
出来高も増えると、むしろ評価があがるのです。

まぁ、そんな風にこの株がうまく行くかどうかはわかりませんが、
非常に楽しみな状況になりました。


↓本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

相互リンクありがとうございますノシ

ユニクロも元の値段に戻ることはもうないでしょうからね~。ダイヤモンドダイングも業績が低迷しない限りはもう後戻りすることは無いかと笑。
【2009/04/24 18:12】 URL | ロックオン #-[ 編集]

> 10倍高は確かに難しいですけどね~。
確かに、本はすぐ読めますが、10倍高は仮にうまくいったとしても、
数年、かかります。
(もっとも、ダイヤモンドダイニングは、過去の例からすると、
ユニクロやカッパ寿司のパターンで
あっという間に10倍高を達成するかもしれませんが・・・。)

> あとは、デイトレーダーの急増ですかね。
彼らは純粋な投機家ですから、投機家が多くいる相場は
やはり投機的になってしまいます・・・。
もしかしたら、バブル相場がすでに始まっているかもしれませんね。

>それでリンチ流を目指そうと思ったのかもしれません。
日本の投資家は、もっとリンチ的な相場観を持たないと、
いつまでたっても、ヘッジファンドにやられっぱなしになると危惧しています。

> ダイヤモンドダイニングも、見た目の派手さとは違って、・・・
投資スタイルが非常に似てますね。
折角ですので、相互リンクさせていただけないでしょうか?
今後ともよろしくお願いします。
【2009/04/24 00:42】 URL | エナフン #-[ 編集]

おっしゃる通りで。

僕はまだ「株で勝つ」しか読んでないので、残りの2冊も読んでみようと思います。

10倍高は確かに難しいですけどね~。特に最近は外資の空売りなんかもひどいですし。ダイヤモンドダイニングも100万超えた時、シティが売り仕掛けをして、狼狽した個人も随分投げたようです。

あとは、デイトレーダーの急増ですかね。昔のように頻繁に売り買いをしない市場の方が企業の業績を追っかけて健全な株価が形成されたのかな、とは思います。

日本株に置き換えて考えられる部分は結構あると思うんですけどね、例えばザ・リミテッドの話なんてのは、ファーストリテイリングやポイントの話にそのまま置き換えられると思いますし。
当時株をやってなかった自分はポイントを上昇前に買えなかったのが悔しくて悔しくて笑。それでリンチ流を目指そうと思ったのかもしれません。

ALサービス。本日1枚参戦しました。
もうチャートとか関係なく、PER(今期の撤退損が消えれば来期EPS2万以上行くのは確実と思いますし)や財務面から考えて、今買わずしていつ買うんだ!!って思ったので。
慎重すぎるほど慎重な会社さんだとは思いますが、長期投資で考えたらこういう会社さんは強いと思います。
ダイヤモンドダイニングも、見た目の派手さとは違って、中身はマーケティングとコスト管理に拘るしっかりした会社なので安心して持ってられます。(急落局面でちょっと売ってしまったのは、勿体無いことをしたな、と思います笑。)
【2009/04/22 10:22】 URL | ロックオン #-[ 編集]

こちらこそ、はじめまして。

> 個人投資家が本当に見習うべきはバフェットじゃなくてリンチだと常々思います。
全く同感です。
3冊とも買って、教科書のように何度も何度も読んでいます。

リンチに関するブログをいろいろ読むと、
極端な短期トレーダーや全くの初心者の中には、
批判的な記事すらあるようです。
これは、出てくる企業がアメリカの企業のため日本人になじみがないのと、
「10倍高など、今の日本ではありえない」という思い込みに
起因しているようですが、

実際、ダイヤモンドダイニングみたいなのを発見してしまうと、
「やっぱりあるじゃん!!」となりますよね。

このブログでは、上記二つの疑問点を解消し、
「今の日本でも10倍高はある。しかも、ピーターリンチの言う通りの銘柄で!!」
というのを証明してやろうという、大胆な試みをしています。
(まぁ、予定が外れて3倍高でもかまいませんが・・・。)

>例え話も上手くて、読み物としても非常に面白いですよね☆
はい。最高です。
(全くの初心者は別として、)2~3年以上、株をやっている人間であれば、
全く思い当たるフシばかりで、何度読んでもツボにはまってしまうでしょう・・・。
【2009/04/22 06:41】 URL | エナフン #-[ 編集]

始めまして!

ブログ拝見させて頂きましたノシ

ALサービスについてホントによく研究されてますね~。
ダイヤモンドダイニングは自分なりに結構調べたんですが、かつやはノーマークでした苦笑。
リンチ流のテンバガーだとしたら今から買ってもまだまだ間に合いますね♪
ダイヤモンドダイニングも、財務は悪いですが、本当にビジネスモデルが面白い会社なので会社が成長を続ける限り持ち続けていこうと思っています。しかし、これだけ上昇して来期予想PER10倍程度ですから、外食小売はなめられたものですよね笑。

個人投資家が本当に見習うべきはバフェットじゃなくてリンチだと常々思います。リンチについても、考え方は何となく知っていたのですが、ちゃんと本を読み始めたのは最近なのですが・・・例え話も上手くて、読み物としても非常に面白いですよね☆
【2009/04/21 21:55】 URL | ロックオン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/305-66c88e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。