旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


回復はいつもまだら模様

さて、政府による追加景気対策も出て、
マーケットは、「ワッショイ、ワッショイ」とお祭り騒ぎになり始めました。

短期間に50%以上上昇した銘柄も、ずいぶんあります。

ただ、ここから、さらに日経平均がどんどん上昇すると考えるのは、
さすがに楽観的すぎるでしょう・・・。

と、いうのも、4月後半から本格化する、
09年3月期の決算発表後の株価の動きは、

「明暗がはっきりする」可能性が高いからです。

もう、過度の金融不安は峠を越えたようですが、
不況が終わったわけではありません。

このような状況では、勝ち組と負け組がはっきりする傾向があるのです。

同じ業種でも、一方で、売れまくっている企業がある半面、
他方では、まったく売れない企業が多く残っている・・・。

ユニクロと百貨店の対比が、その好例。

おそらく、家電や自動車、住宅、小売、外食、サービス・・・ありとあらゆる業種で、
強弱が強く出てくるでしょう・・・。

消費は、大型景気対策の影響を受けて、財布のヒモがゆるむ部分と、
先行き不透明感から、しっかり締ったままの部分との差が出て、

それぞれの業種の中では、例えば小売外食セクターでは、
低価格かつ満足感の高い店に行列ができる反面、
まったく客の来ない店も出てくるでしょう・・。

人々はダメ企業の株を売って、勢いのある株に乗り移ってきますから、
騰がる株は驚くほど騰がり、ダメ企業は、いつまでも停滞を続ける・・・。

また、好況時の勝ち組が、そのまま不況時にも勝ち組になるのか?
というと、そう単純なものではありません。

とくに、好況時に、そのまま好景気が何年も続くと勘違いし、
過剰な投資をしてしまった企業は、長期停滞をまぬがれることはないでしょう・・・。

私自身は、そんな相場観を持っています。

過去2回経験した深刻な不況時には、少なくともそのような傾向がはっきりしました。

このような状況下では、日経平均連動型のETFのような金融商品より、
個別の元気印に勝負していったほうが、
パフォーマンスが良くなるかもしれません。

多くの人々は、「不況のときは株などやるべきではない!!」
と考えているでしょうが、

一度でも不況時に株式投資を体験したことのある人間は、
「不況の時こそ、株をやるべきだ!!」
と考えが変わるのです。

今、まさに株をやっている皆さんが、今後も長く株をやり続けるのであれば、
このような考え方は次第に確信に変わるはずです・・・。

↓本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/04/20 15:09】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/04/20 15:09】 | #[ 編集]

さっそくありがとうございました。

>個別企業にスポットを当てる手法で勝負しています。

確かにそうでした!
ここでも折りに触れそのように仰ってましたね。
ちょっと気になるワードが出たので
基本がすっぽり抜けてしまいました。

これからも宜しくお願いいたします!
【2009/04/13 21:25】 URL | がく #-[ 編集]

> 相場観をお聞かせ頂ければと思います。
私自身は、全体相場を読んで勝負しているプレイヤーではありません。
むしろ、全体相場は読めないものとして、
個別企業にスポットを当てる手法で勝負しています。

ですから、あくまでご参考程度でお願いします。
内容は、本日の本文で・・・。
【2009/04/13 06:47】 URL | エナフン #-[ 編集]

ちょっとお久しぶりです。
ダイヤモンドダイニングのお祭りはエラい盛り上がりですよね。
以前トリドールを話題にされた際に、
ちょっとこっちも触れてよ!的にコメント入れたと記憶してますが、
まさかこんな事になるなんて思いもよりませんでした。

>一度でも不況時に株式投資を体験したことのある人間は、
>「不況の時こそ、株をやるべきだ!!」
>と考えが変わるのです。

これは既に身に染みて実感しております。
家族にしろ友人にしろ、
周囲がなぜそんな奇異な目で見るのか
今では不思議でなりませんね^^


それはさておき、相場観とワードが出たので
私の最も信頼するブロガーの一人である
エナフンさんに是非お聞きしたいのですが、
日経の五月危機説とNYダウの大暴落説については如何お考えでしょうか?

記事には「過度の金融不安は峠を越えた」
「明暗がはっきりする」とありますので、
それら危機説には否定的で、
割と楽観的(特に個別の元気印について)でしょうか。

コメント欄で返信を頂くには少々ヘビーかもしれませんが
相場観をお聞かせ頂ければと思います。
【2009/04/11 22:18】 URL | がく #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/306-00015f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。