旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


管理されたマーケット

ここ3年ほどマーケットを見てきた人には、
いかにも不思議な相場が続きます。

騰がるでなく、下がるでなく・・・。

これまでなら、格好の売り材料と思われるネタがゴロゴロしているのですが、
それを手がかり材料に、思い切って売り仕掛けるプレイヤーは存在しません。

反対に買い上がれるかというと、
平均PERは40倍前後と、常識的には、もう充分な水準です。
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/japanidx.aspx

もちろん、赤字企業も含めて、この水準ですから、
中には割安なのもあります。

ここへ来て、日本の小型株に割安銘柄があることを
外人さんも突き止めたようですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000210-reu-bus_all

オバマ大統領が就任演説で言っていたように、
マーケットは規制と監視で、かなり管理されているような気がします。

いつまでも売り方のやりたい放題では、いくら税金を投入してもキリがないので、
大口の売り方に対する監視を徹底的に強めることで、彼らの撤退を促し、
株式市場を高めに誘導。
金融機関の自己資本を維持しつつ、
景気回復を待つ政策ではないでしょうか?

なぜか時価総額の大きな銘柄を中心に、
メチャメチャ上げた3~4月の動きなんかも、
ひょっとしたら、そんな日米政府の演出かも・・・。

などと空想しています。

で、このような状態で、利益を取りにいこうと考えたら、
「割安株の水準訂正の動き」が、
キーワードになってくるかもしれません。

主力ではもう稼げないと判断した時に、
2番手3番手の割安株にマーケットの眼が向かう傾向は、
これまでにも何度かありました。

ええ。これも「きっとこうなる」という話ではありません。

「そういう展開もありうるな・・・。」というレベルです。

↓本日もクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

> すなおに買うべきなのかどうか、最近の相場は難しいです。
本当ですね。

これまでなら、ひと稼ぎした買い方が利確するまさにそのタイミングで、
売りの仕掛けが入ったものですが、
買い方の利確は進んでいるんでしょうけど、仕掛けは入らないので、
株価の方は下がりません。

で、そんなひと稼ぎに成功した連中の資金が、
今後は、出遅れ割安株に向かうんじゃないか?

というのが、今回の記事です。
【2009/05/22 20:02】 URL | エナフン #-[ 編集]

最近の相場には悩まされています。
下がりそうで下がらず、強引に上げられているようで…。
たとえば、三菱商事の株価は窓を開けて上昇し、窓を埋めきらずにさらに新たな窓を開けて上昇し、を繰り返しています。埋め切れていない窓が数え間違えていなければ下に10個もあります。
下落するときも日経平均に先駆けて急落した異常な株なので上がるときも異常なのかもしれませんが、それに長い目で見れば上がってもおかしくない株なのですが、十分な調整なしに上がる様子を見ると、「何者かに操られているのかなぁ」と感じます。
すなおに買うべきなのかどうか、最近の相場は難しいです。
【2009/05/21 23:33】 URL | 石 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/328-610b05b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。