旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長期成長性、低PER、安全余裕度

昨晩、四季報が届いたので、ざっと目を通しましたが、

やはり、小型株の低PERは目立ちますね。
とくにJQ(ジャスダック)。

ただし、よくよく見ると、赤字続きの企業が、
今期急回復を予想している銘柄に予想PERの低い銘柄が多く、
実現性の観点からは疑問符が付くものも少なくありません。

この手の一発逆転を狙いたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、
「業績好転は滅多に転がっていない。(バフェットの教訓No26徳間書店)」もので、
その中から、当たりを探すのには一苦労するでしょう。

そんな一発逆転を狙わなくても、ほぼ確実に増収増益にも関わらず、
低PER銘柄が存在するのですから、私は、当然、まず其処を狙っていきます。

「私は高さ2メートルのバーの飛越には挑まない。
 周りを見わたして、またぎ越せる30センチのバーを探す。」

(同じく、バフェットの教訓No13)

また、成長は完全に止まっている(むしろ下り坂)ものの、
業績は比較的安定している企業の中にも低PER銘柄は存在しますが、
私の投資基準には適合しません。
(ひょっとしたら、今ならバリュー投資の観点から騰げだすかも知れませんが・・・。)

低PERかつ安全余裕度が高い(PBRや財務健全性の観点から割安な)銘柄で、
かつ、長期成長性に富んだ企業が、ターゲットだからです。

普通は、そんな銘柄存在しえないと考えられていますが、
小型株の一角で、ピーターリンチが言う通りのタイプを探せば、
まだ、いくつか探し出せるような気がします。

↓いつもクリックありがとうございます。
↓当ブログは人気ブログランキングに挑戦しています。
↓ぜひ、クリックの方、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/343-2dcee732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。