旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢の専業トレーダー

1年ほど前、別な支店に勤める先輩が、突然会社を辞めました。

少々キャラクターは濃いめの兄ちゃんなのですが、独創的なスタイルの営業を続けており、
新入社員のころ、私も、そのやり方をいろいろと参考にさせてもらったものです。

「なんであんな優秀な先輩が会社を辞めたのか?」

部長に聞いてみると、
なんと、専業トレーダーになったと云うのです。

あの人にそんな才能があったとは・・・。

と感心しながらも、

うちの会社であのポジションなら年収も将来もけっして悪くはないはずなのに・・・。
たぶん、「独特の投資スタイルでメチャメチャ儲かってるんだろうな」等と想像していました。

ところが、
先日、彼が勤めていた支店に立ち寄った時、彼の担当だった事務員に、
「今、あの人、どこで何やってるの?」
と確認すると、
「トレードで失敗して、田舎に帰りましたよ。昔のツテで、同じ業界で働いているそうです。
 リーマンショックが効いたみたいです。」
と、言うのです・・・。

世の中には、こういう人が、たっくさんいるんだろうな~

まだ、生きているだけましで、
信用取引で大きくレバレッジを効かせて勝負していた方の中には、
人生そのものが終了してしまうケースもあったでしょう・・・。

よく、「早期リタイヤ」や「専業トレーダー」を目指して日々精進している人がいますが、
今回のような激震も十分に想定した上で、思い切った行動を取るなら取ればよいと思います。

けど、
今後はあの手の激震はもっと頻繁に起こる可能性もありますし、
(年々、不安定さが増している。たぶんストックが巨大になりすぎたのと
 レバレッジと短期志向が原因。)

本当にそれが自分にとって最高の人生なのか?
まずはじっくり考える必要があると思います。

私のやっているような投資スタイルなら、会社を辞める必要は全くありません。
趣味で続けられます。
(私の場合はどっちが趣味かわかりませんが・・。)

ジャーナリストたちが賢ければ賢いほど、
社会はより良く繁栄する。

バフェットの教訓No44(徳間書店)

長年、株雑誌の多くは、
専業トレーダーでないと対応できないような投資スタイルを紹介し続け、
早期リタイヤした人や株で大金を掴んでフェラーリを買った人などを
人生の成功者のように扱ったりしてきましたが、

私が知っている限り、
本当の金持ちや人生の成功者たちは、そんな生活してないよ。

↓いつもクリックありがとうございます。
↓当ブログは人気ブログランキングに挑戦しています。
↓ぜひ、クリックの方、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

yuuyan331さん、こんにちは。

> あと、もうひとつ、本当の金持ちや人生の成功者ほど一生懸命に仕事をしている気がします。

本当にそうですね。

そういう人でないと、本当の金持ちや人生の成功者とは言えませんね。
【2009/06/30 06:18】 URL | エナフン #-[ 編集]

私が知っている限り、
本当の金持ちや人生の成功者たちは、そんな生活してないよ。

確かにそうですね。

あと、もうひとつ、本当の金持ちや人生の成功者ほど一生懸命に仕事をしている気がします。
【2009/06/29 22:11】 URL | yuuyan331 #-[ 編集]

葬儀社さん こんにちは。

> 順調に増えているときこそ自分自身を冷静に見つめなくはならないですね。

本当にそう思います。
人は、うまくいっている時に大きな過ちを犯す事が多いと思います。
反対に、逆境で、成長しますね。

株式投資においても、下落局面で、その本質が理解できると感じています。

【2009/06/29 05:58】 URL | エナフン #-[ 編集]

確かにマネー雑誌やインターネットの「副収入」サイトには、ハイリスクな方法でお金をたくさん稼いだ人たちが派手な生活をしていると、だからみんなもお金持ちになろうみたいな広告や記事多かったですよね。
順調に増えているときこそ自分自身を冷静に見つめなくはならないですね。
【2009/06/28 22:31】 URL | 千葉県 葬儀社 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/352-33c140f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。