旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


成功はゴミ箱の中に

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
(2007/01)
レイ・A. クロックロバート アンダーソン

商品詳細を見る


マクドナルドの創業者であるレイ・クロックの自伝を読みました。

ファーストフード会社であるアークランドサービス社の株主なので、
興味が湧いて読んだのですが、

ファーストフード業界のみならず、ビジネス全般に通じる本でした。

特に仕事を続けているうちに、あるいは、株式投資を続けているうちに、
最近、強く感じているようなことを

偉大な経営者であるレイ・クロックが一言で説明してくれており、
また一つ企業というものの理解が深まりました。

私の師である故蝋山先生に教えてもらった
「金融は難しいものではない。極めて単純な理屈で動いている。」
という言葉を信じて、
シンプルにシンプルに分かりやすく考えをまとめていくうちにできたのが、
←「エナフンさんの梨の木」という物語です。

同様に、個人投資家がどう投資すればよいのか?
シンプルに分かりやすく(面白く)教えてくれるのが、
ピーター・リンチであり、バフェットです。

そして、アメリカン・ドリームを代表するレイ・クロックもまた、
経営というものを極めてシンプルに分かりやすく(面白く)説明してくれます。

ところで、上の写真にもあるように、
ファーストリテイリングの柳井社長と
ソフトバンクの孫社長は、
レイ・クロックや日本マクドナルドの創業者である藤田田氏の言葉に深い感銘を受け、
彼らの本を教科書のようにして、経営をしています。

ファーストリテイリングのファーストは、
ファーストフードのファーストだというくらいレイ・クロックの考え方を信奉しているのには驚きました。

その柳井社長の解説部分に、レイ・クロックの次のような言葉があります。
それは、私が、最近特に感じていた部分でした。

「世界には教育を受けた落後者があふれている。」
「天才はダメだ。報われない天才は、問題児と決まっている。
秀才もいかん。この世は成功できない秀才がうじゃうじゃいる。
学歴だけでもだめだ。どこもかしこも、学歴の高い怠け者ばかりだ。」
(「ザ・フィフティーズ」D・ハルバースタム著より)

で、何が経営(人生)にとって重要なのか?

それには、次のような説明が入ります。

やり遂げろ-この世界で継続ほど価値のあるものはない。
(中略)
信念と継続だけが全能である。

↓いつもクリックありがとうございます。
↓当ブログは人気ブログランキングに挑戦しています。
↓ぜひ、クリックの方、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/358-b7f24f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。