旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大富豪と大貧民

ブログで文字にして書くことで、頭の整理が進みますね。

結局、株主になるということは、資本主義国において、
労働者(雇用者)側で終わるのか?
資本家側に入るのか?
の重要なポイントだということになりそうです。

預金者や債権投資家も、広い意味では資本家なのかもしれませんが、
今のように利子の低い時代に、預金と債権投資だけを選択するタイプの人間は、
一般的な資本家のイメージからは違う存在と言えるでしょう・・・。

広く楽しまれているトランプのゲームで大富豪(大貧民)というのがありますね。
大富豪(Wikipedia)

あれ、やったことがある人は良く分かると思いますが、
一度富豪側になると、常に、貧民側から一番良いカードがもらえるので、
なかなか負けなくなりますよね。

逆に貧民側になると、常に一番良いカードを搾取されるので、
なかなか這いあがれません。

確かに今の資本構造を考えると、かなり似てますね。

私が社会人になる前あたりまでは、大企業に就職しさえすれば、
さまざまな手当てが付くし、手厚い年金が待ってるし、退職金も驚くほどついて、
年功序列で、年さえ取れば給料も増えていく社会でした。

しかし、バブル崩壊以降、
一番良いカードである年功序列や各種手当、ボーナス、年金など、
社員側が得られた利益が、どんどん、株主側に移っていきました。

とうとう、雇用そのものや給料の一部までを、株主側に献上しないといけなくなり、
住宅ローンや教育費、老後の不安が重くのしかかってきます。

一方、株主側は、上手に運用しさえすれば、全く驚くほどの利益を手にすることができました。

私のような投資法を採用すれば、そうは負けません。
(1年で100万円を1億円にするみたいな極端なことはありませんが、)
気が付けば、数年で、元手を何倍にもすることができるでしょう。

最近株を始めた方は、このところの上昇で、
「こんなに貰っていいの?」と驚かれる方も多いのではないでしょうか?

ちょうど貧民から、2やジョーカーを貢がれて、ニタニタと
「えっ?こんなに貰っていいの?また勝っちゃうよ!!」
みたいに・・・。


ところが、あの大富豪というゲームも、
いつかは、大富豪が大富豪の座から引きづり下ろされます。

①2番手3番手の富豪クラスが力をつけて、大富豪の座を奪取するパターン
②貧民側が革命を起こして、カードの価値が著しく低下し、なすすべなく負けるパターン
③どういうわけか、手札が悪くなり、そんなときに限って、
 貧民から貢いでもらえるカードも大したことがなく(クイーンとか・・・)、
 なすすべなく負けてしまうパターン

今の資本主義世界では、上記①②③が同時に起こっているのではないでしょうか?

先進国経済は疲弊し、変わって新興国が台頭(①)、
サブプライムローン、リーマンショックで、価値があるとおもっていたカードは半値以下(②)
もう、貧民側は、家も仕事も失って、株主側に貢げるものは何もなくなってしまった。(③)

私がやっているローカルルールでは、
大富豪は負けてしまうと大貧民からスタートすることになっています。

そういえば、めいいっぱいレバレッジをかけて勝負しているときに
リーマンショックが起こって、全てを失い、
一からやり直しているトレーダーが少なからずいらっしゃるような気が・・・・。

↓いつもクリックありがとうございます。
↓当ブログは人気ブログランキングに挑戦しています。
↓ぜひ、クリックの方、よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
←新しい方は、易しくわかる理論株価のお話「エナフンさんの梨の木」もぜひ読んでいってください
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

せこ吉さん、こんにちは。

>平均が下がったらどうしようもないですね。

今までの日本が豊か過ぎたのかも知れません。

投資など、これまでの生活を維持する努力も大切ですが、
「貧しいながらも楽しい我が家」を受け入れていく努力も
必要になってくるかもしれませんね。
【2009/07/26 17:40】 URL | エナフン #-[ 編集]

エナフンさん こんにちは

社会を大富豪に例えたことは、非常にわかりやすい表現です。 ありがとうございます。

>資本主義世界では、上記①②③が同時に起こっているのではないでしょうか?

本当にそうかもしれません。 社会が豊かになるために変化だったはずですが、平均が下がったらどうしようもないですね。

改めて、自分が投資をする理由が再確認できたようで感謝しております。


【2009/07/25 21:24】 URL | せこ吉 #-[ 編集]

のっぽさん、こんにちは。
2日ほど大阪に出張していて返事が遅れました。

>大富豪の人達は、転落の恐怖に怯えながら日々暮らしているのかも知れませんね。

少なくとも、借入を起こしている経営者はそうだと思います。
昨日まで高級車乗り回していたのに、
倒産して、家も家族も失った人を何人か知っています。

それは、開業されているお医者さんについても
同じプレッシャーが存在するんじゃないでしょうか?
【2009/07/25 07:33】 URL | エナフン #-[ 編集]

今回の記事も、非常に分かりやすかったです。トランプの大富豪は、結構、しましたが、言われてみると、今の資本構造に、よく似ていますね。指摘されるまで、気が付きませんでした。

大したことではないのですが、5人で大富豪をしている時、気分的に一番いいのは、富豪の時でした。大富豪の時は、「今の地位を守らないと。」と思い、落ち着きませんでした。もしかすると、実際の世の中でも、大富豪の人達は、転落の恐怖に怯えながら日々暮らしているのかも知れませんね。
【2009/07/23 21:38】 URL | のっぽ187 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/369-b1289287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。