旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岩の心電図

私の持っている小型成長株4社は、
このところ動きが止まっているように見えます。

短期トレーダーは、さっさと見切りをつけて、
他に移るころかも知れませんが、
長期トレーダーはどう考えればよいでしょうか?

ピーターリンチはこのような説明を入れています。

**********************************
何か素晴らしいことが起こるのを待ちくたびれて、
その株を手放したとたん、翌日、その素晴らしいことが起こったりする。
私はこれを、捨て去った後の繁栄と呼んでいる。
(中略)
もし、会社の業績が良好で、初めに魅力を感じた点に変化がないなら、
遅かれ早かれ、、私の我慢は報われるものと自信を持っている。
(中略)
これ(長期に渡って、株価が動かない現象)は、
私が、岩の心電図と呼んでいる現象で、実は良い兆候である。
この岩の心電図が私が目をつけた株のチャートに現れたら、
大きな動きがあるという強いヒントと考える。
【ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)】18章
**********************************

それでは、急成長中の葬儀屋「ティア」を例に見てみましょう・・・。
ティアチャート090910

この会社、昨年末まで約1年半、岩の心電図でしたね。
もちろん、業績がこの間、停滞していたわけではありません。
ティア葬儀件数
順調に葬儀件数を伸ばしていますね。

けど、株価は岩の心電図でした。
(ピーターリンチの比喩表現は最高ですね!!
「どこに電極つけてんねん!!」)

それが突如動き出したのは、

たまたま、映画「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞をとり、
俄かに葬儀屋が注目されると、
たまたま、社長が「おくりびと」を地で行っていたため、
急にこの会社がいろんなマスコミなどで紹介され、
よくよく調べてみると、実は業績もすこぶる良かった・・・。

ためでしょう。

もちろん、こんなたまたまなストーリーを事前に読み切って、
この会社に投資できた達人は、この世に一人もいないでしょう。

しかし、私自身、何か起こしそうな雰囲気は、この会社に感じていました。
「業績さえ順調なら、いつか、話題になりうる!!
 そして、株価は急上昇するはず!!」

すでに私のブログを読んでいる方は、もうお分かりだと思いますが、
私が大好きなタイプの株は、

「業績順調、財務健全、超割安で、キラリと光る才能の持ち主」です。
企業の規模や流動性は関係ありません。

ですから、「最近元気がない」などという理由で、この株を売ることはありません。
ティアチャート090910-2

たかだか2~3カ月動きが止まったからと言って、他に移っていたら、
もう2度とここには戻ってこれないでしょう。

そうです。そうです。私が、最も恐れる事態、
花を引き抜いて、雑草に水をやる
最悪の結果を招いてしまいます。

**********************************
あなたが夢中になっているのに
他の人は無視しているような株を保有し続けるには、大変な忍耐を要する。
他の人が正しくて、自分が間違っているのではと思い始めるだろう。
しかし、ファンダメンタルズさえ約束されているなら、我慢は必ず報われる。
【ピーターリンチの株で勝つ(ダイヤモンド社)】第18章
**********************************

短期トレードの常識は、長期トレードではむしろ邪魔だということが理解できるでしょう。

↓人気ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/399-062f26ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。