旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日経平均、岩の心電図入り???

「岩の心電図」というと、循環株に良く起こる現象のような気がします。

*****************************
保険株は循環株のようなものである。

もし、保険株を料率が上昇し始める最初に買うならば、
大きな収益を得ることができるだろう。

保険株の株価が料率の上昇後に倍になり、
料率アップの結果、収益が上がることで、
また、株価が倍になることはよく知られている。

【ピーターリンチの株式投資の法則(ダイヤモンド社)】P150抜粋
*****************************

ここで、ピーターリンチは保険株の投資法を教えてくれていますが、
同時に、循環株についても同じような動きをすることを教えてくれます。

通常、循環株は、業績の回復が確認されると、
期待感から一旦は、騰がりすぎてしまいます。

そのため、相場は、一旦休憩。

「岩の心電図」入りとなり、まったくつまらない相場が続きます。

しかし、業績が株価に追いつき、さらに、上を目指せるような
業績の好調が確認されれば、再び、急上昇します。

しかも、上昇速度は、ピーターリンチが言う通り、通常、2倍程度です。

それでは、典型的な循環株である新日鉄の5年チャートを見てみましょう。

新日鉄岩の心電図

岩の心電図と2倍高を繰り返す典型的な動きが確認できますね。

最近は日経平均自体が、循環株と見られているそうです。
日経平均10年チャートを見てみましょう。

日経平均岩の心電図

やはり、急上昇と、岩の心電図を繰り返していますね。
(上昇がぬるいのは、低成長株や資産関連株も含んだ平均だからでしょう・・・。)

2倍高と岩の心電図を繰り返す。

このイメージがあったため、私は、新日鉄を400円で仕込み、
800円手前で売り抜けることができました。

短期トレーダーは、20%騰げたら「売り」みたいなことをすぐ言いだしますが、
長期トレードにおいては、基本は倍だと思っています。

会社四季報をペラペラめくれば、すぐ気付くと思いますが、
一度、動き出すと、株というものは、
すぐ2~3倍(1/2~1/3)になる類のものなのです。

20%などという中途半端なところで、止まったりはしません。

もし、業績が良いのに、
長期にわたって、上下20%以内程度に収まっているとしたら、
それが、岩の心電図と考えて良いでしょう・・・。

↓人気ブログランキングに参加しています。
↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/400-7c38d980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。