旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALサービス9月月次

昨日、ALサービスの直営店の月次販売実績が発表されました。

以前、指摘しておりました通り、とうとう既存店の昨年比が99.3%と
マイナスになってしまいましたね。

アークランドサービス月次0909

けど、昨年度の9月売上が1昨年比119.4%、
既存店売上が106%であったことを考えると、
大健闘と言っていいでしょう。

他の外食は、(一部を除いて)ひどいもんですからね・・・。

さて、ここまでくれば、この会社の業績予想はかなり読めますよね。
いつもの四半期ごとのエクセルデータでみると、
アークランドサービス下半期予想
かつや直営店の売り上げは+10%とわかりますが、
FCやかつや以外の直営店の売り上げはわかりません。
けど、第2四半期の結果から、+5%内外と予想はつきます。

既に報道されているとおり、円高と食料品安の影響は、確実に出始めますから、
昨年比で原価は下がっているでしょう。

心配なのは、昨年のような新業態の撤退に伴う特別損失ですが、
8月の会社説明会資料をよく見ると、
好調なチェントペルチェント4店舗と、親会社の意向で撤退は難しそうなフードコートと、
天丼屋と神戸屋しかありませんから、
もう、大きな膿みは残っていないと考えます。
http://eir.eol.co.jp/EIR/View.aspx?template=ir_material&sid=3905&code=3085

逆に昨年末の撤退損1億が大きなギャップとして、
今年度にはプラスの影響が出そうです。
1億というと小さい感じがしますが、
この会社にとっては1株当たり利益に直して4000円!!!ですからね。

この数字は、昨年度1株利益17617円の20%を超える数字ですから、
あと、何にもせずに適当に昨年並みの業績を残してくれさえすれば、
最後にドンとボーナスが乗るわけです。

第4四半期に、怒涛の新規出店で出店コストが嵩むとか、
さらに「不良かつや」を狂ったように撤退するか、
あるいは、新型インフルエンザの壊滅的流行でも来ない限り、

通期1株当たり利益20000円超えは見えました。

私の予想PERは、現在の株価で6倍台と再び超割安水準に突入しています。

あとは、生活防衛関連の大風がどれだけ吹くか?

ということですが、このタイプの親分格であるマクドナルドの動きは変わってきましたよ。
マクドナルドチャート
【ヤフーファイナンス マクドナルドHD 3ヶ月チャート】

↓人気ブログランキングに登録しています。
↓よろしければ、クリックの方もお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/409-18cdd0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。