旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天狗の鼻

さて、日経新聞まで小型株の急落を取り上げ始めました。

私の長年の経験からはこうやって大騒ぎになったころにはすべてが終わっており、
次の相場が始まって行くという印象をもっていますが、
今回はどうでしょうか?

今のマーケットは少々欠陥がありますからね・・・。

何度もここで説明していることではありますが、

①テクニカル投資が流行りすぎており、
 一度下降トレンドを作ると、反転しにくい。

②損切りこそが株で勝つ秘訣と信じて疑わないプレイヤーが多く、
 損切りが損切りを呼ぶ

③ファンダメンタルズからの絶対的な相場観が
 欠如しているプレイヤーが多すぎる

私が持っているような株で成功するためには、
短期トレードの掟をすべて無視する
真逆の投資法を採用することで、
はじめて成立する不思議な投資法なのですが、

みんなちょっとずつ短期トレードの理論を取り入れてしまうために、
かえってうまくいきません。

さて、このところの下げで大きく下落したDVx社のチャートを見てみましょう。
DVx長期チャート

初めから、ブルーのラインでぼちぼち上昇していたのなら、
この水準でも大喜びなのでしょうが、
なまじ急上昇があったから、
自分は判断力のない最低の人間と思ってしまいます。

しかも、天井付近では、急上昇で、「自分の判断は常に正しい」などと
天狗になってしまいますから、

これが本当に天狗の鼻のようなチャートを作って、
最後にポキッと折れるのです。

これまた何度も見てきた光景です。

こうなると人を蹴落として、先に、脱出したものが勝ちのゲームになりますから、
自分だけ助かりたい根性が表に出て、今度は鬼となってしまいます。

ちょうど鬼の角のようなチャートになってきましたね。

地獄絵図とはこのことを言うのかも知れません。

ところが、このような人々の狂心があればこそ、
私のような投資法(馬鹿げて安い水準で買いこんで、長く保有し続ける)が
成立するわけですから、複雑な心境です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
バフェットの教訓(徳間書店) No.107

最初のうち、株価を左右するのはファンダメンタルズだが、
ある時点を境に、投機が株価を左右するようになる。
古いことわざにあるとおり
「賢者が最初にやることを愚者は最後にやる」わけだ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

また、このように大きく下げることで、
新たに短期トレーダーが飛び込んできて、
次の相場を作ってくれるのも事実なのです。

下げるから上げる

こんな言い方もなんですが、例えばALサービスのような成長株が、
公募価格を未だに割って低迷し続けているのは、どう考えてもおかしいのです。

こんな株価を放置しておいたら、本当に16万くらいでさっさとMBOされて、
坊主丸儲けとなってしまいます。
(キャッシュはどんどん溜まっており、危険ゾーンだ。)

やはり、いつか20万円は到達するでしょう・・・。
(私は、30万円以上していてもまだ安いくらいだと思っていますが、
もちろん、物事には順番がありますので、一足飛びにはいきません。)

そこに目標を置いたとき、16万から目指すよりも、
12万スタートの方が、やはり魅力的なのです。
そんな底値から買い上がってくれる新たな投資家が
次の相場を作ってくれるのです。

ですから、逆説的ではありますが、下げるから騰がるのです。

まぁ、今は、規制と監視が良く効いていますし、
特に相場を売り崩すようなやり方が経済全体を滅茶苦茶にした反省から、
証券監視委員会の厳しい目が光っていることでしょう・・・。

非常に興味深い局面に差し掛かってきました・・・。

↓最近はレベルが高くなってきましたね。
↓更新が滞ると、上位にはいられないようです。
↓よろしければクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:株式入門 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/427-6108eb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。