旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャスダック指数と日経平均12年

大型株の暴落の後、小型株が見直される現象は、
日本でも起こりえるのでしょうか?

過去12年間のジャスダックと日経平均のチャートを比べてみましょう。

ジャスダック日経比較
(msnマネーのチャートデータを一部加工)

こういうときは、ヤフーファイナンスよりもmsnマネーのほうが使い勝手が良いですね。

さて、このチャートをご覧の通り、日本の金融危機直後とITバブル崩壊直後は、
ジャスダック指数の方が、大きく上昇していますね。

シーゲルのおっしゃっている通り、日本でも大型株の急落局面直後に
小型株が見直されています。

しかし、今回の100年に1度の金融危機については、
これまでは、日経平均の方が戻りは急でした。

ただ、何度も書いたように、
決して、日経平均の方が業績回復が早かったから上昇したわけでもなんでもありません。

あのままでは、世界中の金融期間が次々と倒産し続ける可能性があったために、
各国政府の努力で、無理やり株価を押し上げました。

その時に、より影響力の大きな大型株が優先的に上げられたと考えられるのです。

そのため、これまでは、日経平均の方がジャスダック指数よりも戻りは急でしたが、
果たして今後もそうでしょうか?

私はそうは思いません。

新興市場のとりわけ元気印の銘柄に、ずいぶん割安な銘柄が多くあるのに対して、
日経平均採用銘柄で、割安と言えるような銘柄は全くと言っていいほどないからです。

この歪みが今年解消されるのではないか?

と予想しています。

「1月効果」が弱すぎる通期予想の歪みを是正するように、
3年間にわたって下げ過ぎた小型成長株の歪み是正が
まだ完了していないと考えているのです。

私はいつもいつも小型株が有利などと考えてはいません。

ただし、あまりに割安な小型成長株がそこにあれば、
これは他と比べて非常に有利だと考えます。

↓多少なりとも参考になりましたら、クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/459-32227de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。