旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


成長すなわちリターンにあらず

長期的な投資対象として、どのようなセクターに投資するのが良いか?

これについては、ジェレミー・シーゲルが非常に面白い指摘をしてくれていますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
株式投資の未来(日経BP社)P61

かなりの数の投資家が、こう思い込んでいる。
長期的に投資するなら、画期的な技術を開発した企業に投資するのが正解だ。
たしかにマイクロソフトや、シスコや、インテルや、デルといった企業は、
目覚ましいリターンをもたらしてきた。
だが、ディジタル・イクイップメントやスペリーランドやゼロックスや
バローズといった革新的企業がもたらしてきた途方もない損失に比べれば、
ものの数ではない。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

バフェットやピーターリンチが教えてくれるように、
次々と新しい技術が開発される、いわゆる成長産業に対する長期投資は、
全く芳しくありません。

株価が割高すぎる上、競争が激しすぎるのです。

むしろ、二人の偉大な投資家は、大化け銘柄は、成熟産業にあると教えてくれます。

そして、ジェレミー・シーゲルもまた膨大な過去のデータを分析した結果として、
同じことを言っているのです。

さらに付け加えるなら、新興企業への投資も、小売りや外食セクターを除くと
まったくさえないそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
同書P66 
新たな企業(新興企業)の運用成績が、古い企業を上回ったセクターは、
これ(小売りや外食を含む一般消費財セクター)以外にひとつもない。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

確かに日本の新興市場の大半の銘柄は、
長期チャートをみると、ひたすら下り坂銘柄ばかりですね。

みんな、短期的には、騰がった下がったと一喜一憂していますが、
長期で見れば大半は下げ続けます。

ところが、以前指摘した通り、小売りや外食セクターの選ばれし企業だけが、
ある日反転上昇し、Jカーブ上昇してきます。

Jカーブ上昇をしらない方はこちら↓
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-category-4.html

もちろん、他の産業でも、ごくごく稀に初期のヤフーや楽天みたいなのも登場してきますが、
ジェレミー・シーゲルのおっしゃる通り、大半は、途方もない損失を投資家にもたらすのです。

こう書くと、やはり、小売り・外食の力ある新興企業以外、
「新興には手を出すな!!」と考えたくなりますが、

もう一人の新しい先生、フレデリック・R・コブリックは、
「1000社の中から勝者を選ぶ」方法を教えてくれるというのです。

この二人の先生の意見を参考にしながら、最高のストックピッカーを目指すというのは、
なかなかやりがいのある本年の目標となりました。

ええ、1年かけて、必ず、すごい銘柄を見つけ出してやりますよ!!

もっとも、ひょっとしたら、今持っているのがそれかも知れませんが・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(ピーターの法則11)
最高の銘柄は、すでに持っている銘柄のなかにある。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

頭の隅に置いておきましょう。

↓クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ガイアさん、こんにちは。

いえいえ、ちょうど、そんな切り口からの記事も書こうと
考えていたところだったのです。

けど、ガイアさんのおっしゃる「科学の進歩に左右されにくい株」という着眼点は、
素晴らしいですね。

確かにそうだと思います。

私もブログをやりながら、いろんな人のご意見をいただいて、
ずいぶん勉強になっています。
【2010/01/09 10:34】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

田舎のkenさん、こんにちは。

ジェレミー・シーゲルが教えてくれるのは超長期のリターンですから、
例えば、1年2年単位で、高いパフォーマンスを上げるのであれば、
別な視点が必要です。

ただ、子供の就職先や、自分年金みたいにして、
ひたすら積み立てるような投資先には、
シーゲルのおっしゃることは参考になりますね。

コブリックをメインで取り上げるのはもう少し先になりそうです。
【2010/01/09 10:31】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

わざわざ僕の為に記事を書いてくれてありがとうございます。
なかなか興味深いです。

別の視点からの意見はやはり面白い
【2010/01/09 04:00】 URL | ガイア #-[ 編集]

こんにちは。

ボクは基本的に研究開発型の企業が好みですが、そういう分野は競争が激しいことが多いので少し躊躇してしまう部分はありますね。

その中の勝ち組(もしくは競争相手の少ない)企業を選べれば大きなリターンが得られると思っていますが。

やはりコブリックの言葉を借りれば「BASM」を大事にして選ぶことが重要なんだな、と思います。あとは耐えるが勝ちですから(^^)。
【2010/01/08 21:52】 URL | 田舎のKen #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/461-0eece21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。