旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亀田製菓

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
株式投資 第4版 (ジェレミー・シーゲル 日経BP社)P65

投資家に貢献した企業はフィリップモリスだけではない。
(中略)
(過去50年間で最高のリターンをもたらした)上位20社中16社は
2つのセクターに属している。
一つは世界的に知名度の高いブランドが含まれる一般消費財・サービス、
もう一つは大手薬品会社に代表されるヘルスケアである。

チョコレートのハーシー、ケチャップのハインツ、ガムのリグレー、コカコーラ、
ペプシコーラは世界的に知られるブランドを確立し、消費者の信頼を獲得した。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

タバコ会社の他で最高のリターンをもたらした会社に、
チョコレートやガムの会社があるとは・・・。

と、いうことで、今回は日本のお菓子会社から、
黄金銘柄候補を選びたいと思います。

上のシーゲル先生の解説の中で、重要なのは、世界的に知名度の高いブランドという点でしょう。

世界中でお菓子を売ることで、投資家に信じられないレベルのリターンをもたらすようです。

ところが、以前紹介したカンロもそうですが、国内では圧倒的なブランドも、
どうも海外進出意欲は小さく、なかなか良い銘柄がありません。

けど、1社、それっぽいのを見つけましたよ。

亀田製菓10年チャート
(msnマネーから10年チャートを一部加工。株式分割があれば、分割後の価格に修正されたもの。)

そうです。

「亀田のあられ、おせんべい♪♪」の亀田製菓です。

ここ、いかにも内需産業っぽい会社ですが、
意外にも海外進出意欲が強いんですね。

以下、亀田製菓の公式サイトです↓
http://www.kamedaseika.co.jp/company/companyChallenge.html

ねっ、「世界のKAMEDA」を目指してるって書いてるでしょ!!

確かに亀田のお菓子って、うまいですよね。

柿の種、ハッピーターン、おばあちゃんのぽたぽた焼き・・・、
「スーパーから出てみたら、自分でも気づかぬうちに、いつの間にか買っていた」
みたいな強力なブランドをいくつも有しています。

ひょっとしたら、これ、アメリカ人やヨーロッパ人にも受けるかも知れませんよね。

だんだん、世界が一つになって、わかってきましたが、
どうも、人種や民族が違ってもうまいと思うものはそれほど変わらないような気がします。

日本人がこれだけ好きなんだから、海外でも・・・。

もし、世界中で、「亀田のあられ、おせんべい♪♪」がCMで流れるような時代が来たら、
おそらく、株価は数十倍でしょう・・・。

しかも、毎年、株主優待でおかきやせんべいまで送ってくれるようです。

持ってることも忘れて、毎年送られてくるおかき食べてたら、億万長者になってた・・・。

みたいな夢のストーリーに賭けるのも悪くないですね。

↓多少なりとも参考になりましたら、
↓クリックの方もよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/464-b4d3a437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。