旧)エナフンさんの梨の木
http://ameblo.jp/okuyama-tukito/に引っ越しました

プロフィール

奥山月仁

Author:奥山月仁
サラリーマン投資家

年率20%リターンを目指す長期投資法。

↓以前書いたファンダメンタルズの本です。
1.jpg

世界一やさしい株の本(中経出版)



カテゴリ



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高すぎる景気敏感株

ちょっと間があいてしまいました。
宮崎県に出張に行っていたのです。

のんびりしてますね。
宮崎の人は・・・。

気候が良すぎるようです。

平均学力は全国最低ランクらしいですが、
幸せランキングなら、結構上位でしょう。

みんな良い人ばかりでした・・・。

さて、住友金属が出てきたので、もうちょっと、この手の
大型景気敏感株の長期トレンドを見てみましょう。

以下は、住友金属工業のHPから、有価証券報告書を一部加工。
それにmsnマネーの10年チャートを重ねてみました。

住金10年チャート

前回の好景気で、10倍になったから、
今回も10倍を狙う!!
というのは、ちょいと無理があることがおわかり頂けるでしょう。

住金見てもわかるように、
みんな人気株に殺到しますが、
人気が出ている株を長期投資するのは全く得策ではありません。

前回の上昇局面でも、200円超えるまでは、
「鉄なんてオールドエコノミーの代表で、
人件費の高い日本でやるビジネスでない」などと思われていました。

もし、今回もリーマンショックで、日本の鉄鋼産業は終わった!

くらいのうわさが流れて、100円以下に低迷しているなら、
私も喜んで買い向かいたいのですが、

270円からスタートで、何年も待った揚句に400円辺りから
戻り待ちの売りに上値を押さえこまれそうな銘柄を
長期投資しようとは、思いません。

最近株を始めた人は、驚くかもしれませんが、
この株が100円を切っていたころは、
大型株なんてもう駄目。
新興の小型株こそ、投資すべき対象という雰囲気があったのです。

そういう人気のない時に買わないと、デッカクとるのは難しいのです。

そして、今は当時の全く逆。

小型株なんて、流動性が低くてリスクが高すぎる。
流動性の高い大型株こそ、長期にも短期にも投資すべき対象という雰囲気ですから、

もちろん、私は小型株。

↓最近は新しい方もずいぶん読んでもらえるようになりました。
↓そんな方も遠慮はいりません。
↓参考になりましたら、クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:明確な投資理論 - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

ガイアさん、こんにちは。

>今は不景気で先が見えないから、
>大多数の投資家が確実性を求めて人気の高い株に手をだしているのでしょうね。

そうですね。普通は、人気の高い株の方が、
「みんな買っているんだから、きっと安心確実」と考えてしまいます。

しかし、長期的には、人気のない、むしろ誰も買わないような株の方が、
下げは小さいし、騰げは大きく、つまり、安心な投資先になるケースが多いようです。
【2010/01/22 11:48】 URL | 奥山月仁 #-[ 編集]

今は不景気で先が見えないから、大多数の投資家が確実性を求めて人気の高い株に手をだしているのでしょうね。
それに安いし…

大型株は僕なんかもゆっくり買い集めていたりします。
【2010/01/21 04:13】 URL | ガイア #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://enafun.blog21.fc2.com/tb.php/472-864becd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。